1. ダイビング女子

    【女ひとりダイビング・夜行日帰りで伊豆大島2】ソロ活ダイビングのススメ。そしてやはりダイビングが全く上達しない。

    (前回のつづき)最近つくづく思うことがある。それは、一見雲行きが怪しく思える展開も、最後はベストな方向に進んでいくんだ、ってことだ。なんだかそう信じれるお花畑な脳内は、自分の強みだろう。結局のところ、予約を入れたつもりで入れていなかったダイビングショップとは家を出る寸前に連絡がついた。「も、もしや参加のご予定でしたか?!」と、真っ青な連絡が来た…

  2. 旅ログ

    【女ひとりダイビング・夜行日帰りで伊豆大島】結局私は、一人旅しか縁がないのだろうか。

    先日、時々お世話になっているダイビングショップから、1泊2日の伊豆大島ダイビングツアーに参加しませんか?と、お誘いを受けた。意外と【伊豆大島へダイビング】とい…

  3. ダイビング女子

    【ダイビング女子】海に潜ることは美容の大敵揃いだけれど、それでも私はダイビングをする。

    ダイビングとは、金のかかる趣味だと言われる。器材や、ダイビングへ行くための遠征費用や、加えて水中の撮影にハマってしまったら、撮影機材への投資も天井知らずだ。そ…

  4. 旅ログ

    【女ひとりダイビング旅・沖縄】コロナ禍での、こそっとダイビング

    基本小心者な私は、あまり人の心に波風を立てなくないので、昨今ダイビングに行くことは口外しない。実は、この夏も沖縄へ出向いていた。緊急事態宣言下での沖縄、もうこ…

オススメ記事(悪夢のOW取得)

  1. 旅ログ

    【北海道なめてた】小樽の海にちょっと絡んでみた。その1
  2. ダイビングログ

    館山シャークスクランブルで、サメと戯れるーその2【お魚にも生き様がある】
  3. ダイビングログ

    【初島が熱い・イルカ祭り?】サプライズだらけの100本記念~その2
  4. 海と日常

    ダイビングをネタに女性を口説いていた男性が、イタすぎてたまらなかった話。
  5. 旅ログ

    自分が、ついに『自称リゾートダイバー』になってしまった日。
PAGE TOP