ダイビングログ

初めてのスキューバダイビング ー AOW取得へ・その2【海洋実習編・海の中でも方向音痴】

私は、自分でもびっくりするほどの方向音痴だ。

仕事柄都内あちこち行くのだけど、Google先生がいなかったらどこにも行くことができない。

もともと方向を把握する能力が欠如しているようで、もし私が渡り鳥だとしても年中同じ場所に常駐して、過酷な自然条件と戦いながら生きていそうだ。

 

 

当然、コンパスでのナビゲーションが大の苦手だ。海の底では頼りのGoogle先生もいない。
だいたい私の場合、陸で理解できないもの(コンパス)を海の中で操作できるはずがない。

 

私が行なったAOW実習内容は、

・ナチュラリスト ー  環境に優しいテクニックについての講習。砂地で砂を巻き上げないとか、海の生物に対してとか。あと確か海中でゴミを拾ったような?

・ディープダイブ ー  この時は城ヶ島の岩骨というポイントで、水深30m近くまで潜った。私にとっては初めてのボートダイブエントリー。もうドキドキで、ボートに乗り込みポイントに着くまでの間、正直生きた心地がしなかった(笑)。深度下で、赤、オレンジ、黄色、青などの配色のカードを使い、どのような色の変化で見えるかを確認する。

・水中ナビゲーション ー  海中にスケールを引っ張り、例えば自分の10キックでどの程度進むかを確認する。バディ同士でキック数を数えるのとコンパスで方向を確認する役割をそれぞれ担当して、海底で大きな四角を描くようにぐるっと元の位置に戻ってくるテスト。コンパスの読めない私は、当然キック数を数える人(笑)。

・中性浮力 ー 呼吸でフィンピボットを保つのはかろうじて出来た。が、水中で坐禅を組んで浮かぶというのは(講習ではないのだろうけど)、バランスが難しくて未だ練習中。

・魚の見分け方 ー とりあえず目の前にいたお魚を3種類ほど記憶し、海から上がってきてから報告して確認。

 

のアドベンチャーダイブ5つを学び、無事AOW取得となった。パチパチパチ。

 

 

実習そのものは一緒に試験を受けたバディ任せでなんとかなったのだが、AOW取得後はダイビングを楽しむだけにしようと心に決めた。

 

自分の身を保つことだけで他人に迷惑をかけ気味なのに、それ以上推し進めることは、本気でダイビングの技術向上を目指す人達に失礼かもしれないとすら思った(笑)

 

結果的に、AOW取得したことでダイビングそのものの幅が広がり、楽しくなってきたことは間違いないのでOKとしよう。

 

※ 写真は熱海の風景(朝日)です。

 

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

関連記事

  1. ダイビングログ

    自分に負けた。ドMダイバー日記。その3

    (前回の続き)photo by KENJI instagram…

  2. ダイビングログ

    春日に負けた。ドMダイバー日記。その2

    (前回の続き) photo by KENJI instagram …

  3. ダイビングログ

    風邪で耳抜きができない・・・【ディープ・スペシャルティ】その3 

    先日は相方ケンジのMSD(マスター・スキューバ・ダイバー)の取得記念ダ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. いろいろ

    スキューバダイビングなんか絶対にやりたくない人の拒絶が、必死過ぎて凄かった件。
  2. ダイビングログ

    【日帰り・伊豆大島】弾丸ダイビング!&ダイビング飯~その2
  3. いろいろ

    キュートなホバの化身達が舞い降りる海【禿げと海の法則】
  4. いろいろ

    ようやくダイバー初心者を脱したかも、と思えた理由、2つ。
  5. ダイビングログ

    自分に負けた。ドMダイバー日記。その3
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。