ダイビングログ

初めてのスキューバダイビング ー AOW取得へ・その2【海洋実習編・海の中でも方向音痴】

私は、自分でもびっくりするほどの方向音痴だ。

仕事柄都内あちこち行くのだけど、Google先生がいなかったらどこにも行くことができない。

もともと方向を把握する能力が欠如しているようで、もし私が渡り鳥だとしても年中同じ場所に常駐して、過酷な自然条件と戦いながら生きていそうだ。

 

 

当然、コンパスでのナビゲーションが大の苦手だ。海の底では頼りのGoogle先生もいない。
だいたい私の場合、陸で理解できないもの(コンパス)を海の中で操作できるはずがない。

 

私が行なったAOW実習内容は、

・ナチュラリスト ー  環境に優しいテクニックについての講習。砂地で砂を巻き上げないとか、海の生物に対してとか。あと確か海中でゴミを拾ったような?

・ディープダイブ ー  この時は城ヶ島の岩骨というポイントで、水深30m近くまで潜った。私にとっては初めてのボートダイブエントリー。もうドキドキで、ボートに乗り込みポイントに着くまでの間、正直生きた心地がしなかった(笑)。深度下で、赤、オレンジ、黄色、青などの配色のカードを使い、どのような色の変化で見えるかを確認する。

・水中ナビゲーション ー  海中にスケールを引っ張り、例えば自分の10キックでどの程度進むかを確認する。バディ同士でキック数を数えるのとコンパスで方向を確認する役割をそれぞれ担当して、海底で大きな四角を描くようにぐるっと元の位置に戻ってくるテスト。コンパスの読めない私は、当然キック数を数える人(笑)。

・中性浮力 ー 呼吸でフィンピボットを保つのはかろうじて出来た。が、水中で坐禅を組んで浮かぶというのは(講習ではないのだろうけど)、バランスが難しくて未だ練習中。

・魚の見分け方 ー とりあえず目の前にいたお魚を3種類ほど記憶し、海から上がってきてから報告して確認。

 

のアドベンチャーダイブ5つを学び、無事AOW取得となった。パチパチパチ。

 

 

実習そのものは一緒に試験を受けたバディ任せでなんとかなったのだが、AOW取得後はダイビングを楽しむだけにしようと心に決めた。

 

自分の身を保つことだけで他人に迷惑をかけ気味なのに、それ以上推し進めることは、本気でダイビングの技術向上を目指す人達に失礼かもしれないとすら思った(笑)

 

結果的に、AOW取得したことでダイビングそのものの幅が広がり、楽しくなってきたことは間違いないのでOKとしよう。

 

※ 写真は熱海の風景(朝日)です。

 

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

関連記事

  1. ダイビングログ

    海底で、四則計算をしてみた。【ディープ・スペシャルティ】その1

    相方ケンジは、レスキュー・ダイバー取得から更にマスター・スクーバ・ダイ…

  2. ダイビングログ

    ドライスーツのシーズン到来(泣)【IOPの洗礼を受ける】

    あんなに暑かった夏はまるでなかったかのように過ぎ去り、また今年もドライ…

  3. スキューバ女子

    【スキューバ女子】フィンを侮るなかれ!女子のためのフィン比較

    スキューバダイビングを始めてら1年とちょっとになり、気が付くと手元にあ…

  4. ダイビングログ

    初めてのドライスーツ その1【足が上がって逆上がりが止まらないんですけどー】 

    日本の海で年中アクティブに潜ろうと思ったら外せないアイテムが、ドライス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ダイビングログ

    海底で、四則計算をしてみた。【ディープ・スペシャルティ】その1
  2. ダイビングログ

    社長とコブダイの頼子さんに出会った。【波左間海中公園~その1】
  3. いろいろ

    【会社とはクソである・4月の朝の風景】ブイを乗せて走る通勤快速
  4. 初心者ダイバー

    潜行時の耳抜きが一発で平気になったキッカケ。
  5. いろいろ

    【ダイビング好きの彼へプレゼント!】誕生日にオリジナルTシャツをデザインしてみた…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。