いろいろ

ボートダイブエントリー それは、自分の好奇心を後悔する瞬間。

AOW取得の取得の際に初めてボートダイブにチャレンジしたのだが、ポイントへ連れていかれる船上では、まさに生きた心地がしなかった。

 

重たい器材を背負わされボートに揺られていく道のりは、重石を付けられ海の底に沈められる罪人のような心境だった。

 

確かにAOWを取得しようと決めたのは自分だが、またしても危機感が足りない性格ゆえにこんな場面が来るとは想定しておらず、ひとり船上で小さく震えていた。

 

でも一旦海の中に沈んでしまえば、こんな私でも海は優しく受け入れてくれるもんだから、産み終わると陣痛の痛みを忘れるように、何度でも潜りたくなってしまう。

 

それでもその後も船上では、自分の無鉄砲さに毎回後悔していた。

 

 

なんで私は今ここにいるんだろう。

私、泳げなかったはずだよね。

こんな怖い思いをしてまで、私は何してるんだろう。

 

ポイントにつくまでの船上で、ひたすら答えのでない自問自答をしている。

 

 

船上で談笑している人達。余裕があっていいですね。

マスクがずれてるとか、小さなことを私に指摘する人達。
すいません。今、そんなのどうでもいいんです。

誰も話しかけるなオーラを発したまま、海にずり落ちるように潜っていた。

 

 

私にとってボートダイブエントリーの瞬間は、自分が自分の好奇心に弄ばれていることを痛感する時だ。

この先私は、自分の好奇心に追い付ける時が来るのだろうか?

 

photo by KENJI instagram

 

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

関連記事

  1. いろいろ

    スキューバダイビングなんか絶対にやりたくない人の拒絶が、必死過ぎて凄かった件。

    先日、会社の男性(30代)が、語っていた。体験ダイビングをやろうと奥…

  2. いろいろ

    痛みに負けるな。ドMダイバー日記。その1

    その日の仕事帰り、私はいつもよりも慌てて会員制のヨガスタジオに向かっ…

  3. ダイビングログ

    海底で、四則計算をしてみた。【ディープ・スペシャルティ】その1

    相方ケンジは、レスキュー・ダイバー取得から更にマスター・スクーバ・ダイ…

  4. いろいろ

    ようやくダイバー初心者を脱したかも、と思えた理由、2つ。

    ダイビングを始めて、今月で約1年と4か月となった。今までのダイビン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 旅ログ

    【タイ・プーケットの旅〜その2】ダイビングができなくて象に乗ったが、ちょっとハプ…
  2. ダイビングログ

    【女性一人ダイビング・初島】公共交通機関で、ダイビングに行ってみた~その1
  3. いろいろ

    ダイビングを継続できるコツは、「変態」であるということ。
  4. ダイビングログ

    ドライスーツのシーズン到来(泣)【IOPの洗礼を受ける】
  5. 初心者ダイバー

    潜行時の耳抜きが一発で平気になったキッカケ。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。