ダイビングログ

【海とぷ祭り・伊豆半島編】部長風インストラクターさんと、接待風ダイビングを楽しんだ。

 

ダイビング歴が長くあちこち潜っている人に、
で、結局のところどこのポイントが面白いですか?と、聞いたことがある。

そうすると「東伊豆だね」って答える人が多い。

 

だが…
正直なところ、今の私にはその東伊豆の良さがわからないままだ。

 

マクロな生物に興味がないからかもしれない。
全般的に経験が浅いし、アンタがまだまだだからだよ、と言われればもちろんそうなんだろう。

 

ただ、東伊豆はなんだか小難しい、と感じてしまうのは私だけだろうか。

 

 

しかし、先日のお盆休みの東伊豆で、キュートな年配の男性インストラクターさんに出会った。
軽くウェーブのかかった髪は七三風にセットされており、人として重厚な印象を受ける。

 

そしてにこやかに目尻を下げ、すり手をしそうな手つきで、
今日はよろしくお願いいたします!と、上半身の傾きの角度が数字で表現できそうな挨拶をされた。

 

こちらも「よろしくお願いします!!」慌てて深々と頭を下げた。

 

あまりダイビングのインストラクターさんとしてはお目にかからないタイプの雰囲気の方だ。

 

だが…こういう男性を私はよく知っている。
そう、ゼネコンとか建築系の会社の営業部にいる、ちょっと偉い系の人だ。

 

当然、海でお仕事されているのでこんがり日焼けをされているのだが、不思議と「ゴルフ焼け」に見えてしまう。

 

相方ケンジとは暗黙の了解で、オフレコの会話でこのインストラクターさんを「課長」と呼びあった。

 

 

課長は私たちに器材のセッティングを促し、スムーズに海へエントリーした。

海の中でのエスコートもスマートだった。
あれもこれもと、よくもまぁこんなの見つけるなというほど小さな生物を紹介していただく。

 

もう全ては入念な下調べのもと、どこに何がいるかは把握済みなのだろう。

 

なんといっても建築業界で見るこういうタイプの男性は、大雑把なようで実は細かくてそつがない。

 

 

1本目のダイビングを終えて、東伊豆ながらここのポイントはなかなか面白いなと思い始めていた。

2本目は・・・ 部長~!そろそろお姉ちゃんのいる店いきましょうか~。
なんてねー。

 

相方との会話でも、年齢的にしっくりくるという理由でいつの間にか「課長」から「部長」に昇格していた。

 

そして、二本目のダイビングはもう見所全部紹介しちゃったからもうないですよ~!どうしようっかな〜!と部長が言っている。

 

え…そうなの?(笑)

 

しかし潜って見るとなかなか面白い奴がいて楽しめた。
カスザメだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA photo by KENJI instagram

 

部長が、このカスザメの体の一部を何度も指差し、
マグネットボードに「♂」と書き込んでいる。

なるほど。

 

しばらく見てると、カスザメは大あくびをしながら面倒くさそうに悠々と立ち去った。

 

女性がいるのにアレなんだけど、どうしてもオスだって事を伝えたくて!!
いやー、カスザメがいてくれて!しかもあくび!!大きかったですよねー!!
本当に良かった!助かったー!

 

海から上がってから、部長が全力で喜んでいた。

 

そうね。
そんなに喜んでくれると私も嬉しいな…

 

 

最後、ログブックに部長のサインをもらった。

よくみると❤がついている。
相方ケンジのログブックにも同じく❤が踊っていた。

 

なんだか、エロい。
年配の男性が描く❤は、湿り気を帯びているようでちょっとエロい。

 

営業部長。
こんなお茶目さも持ち合わせているとは。

 

ちょっとキュンときてしまった。

 

 

ちなみに課長だの部長だのエロいとか好き勝手言っているが、
いつも相方がお世話になっているインストラクターのお師匠さんというベテランのすごい方、
という事だけは付け加えておきたい。

 

ただし女子的な視点から見ると、この方は天然、
そして天才的にCAWAIIのだ。

 

 

ところで私はこの先、東伊豆の奥深さに目覚めることがあるのだろうか?

 

誰かに「東京から日帰りで行ける範囲でどこがいいですか?」って聞かれた時に、

 

「やっぱね、東伊豆かな。・・・わかる人にはわかるっって感じ?」
みたいなセリフを吐ける時が果たしてくるのだろうか?

 

いつまでも、お魚より人間観察にウエイトを置いている場合ではないのだ。

 

※ 上の風景の写真は、東伊豆ではなく、西伊豆です^^

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

 

関連記事

  1. ダイビングログ

    中学生の息子に、ジュニアOWライセンスを取得させてみた。ー その1

    親というものは、自分の苦手だった分野を子供にマスターして欲しいと強く願…

  2. ダイビングログ

    【沖縄・親子でダイビング】子供に体験ダイビングをさせてみた。その1

    今回我が家の次男(中学2年生)と、沖縄に親子2人で体験ダイビングツアー…

  3. いろいろ

    また来たい!絶対成長して戻ってくる!グアムのダイビングショップ

    今回、OW取得のために利用したグアムのダイビングショップはこちら。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ダイビングログ

    【女性一人ダイビング・初島】公共交通機関で、ダイビングに行ってみた~その1
  2. いろいろ

    【スキューバ女子】趣味がスキューバダイビング、という独身女性ってどうなの?
  3. いろいろ

    ボートダイブエントリー それは、自分の好奇心を後悔する瞬間。
  4. いろいろ

    【人生が変わるとは本当か】泳げないアナタが海に潜るべき3つの理由
  5. いろいろ

    ボートダイブエントリー 「流刑地送りの呪い」が解けた時。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。