ダイビングログ

初めてのドライスーツ その2【ハプニング続きで、残圧0(ゼロ)】 

photo by KENJI instagram

→ 初めてのドライスーツ その1【足が上がって逆上がりが止まらないんですけどー】 の続き

どうやら私はダイビングに関して痛い目に合わないと、脳みそに「やってはいけないこと」が定着しないらしい。

初めてのドライスーツの二本目のダイビング。
インストラクター、そしてバディ、そのあとを私が続く3人で、岩場やトンネルの多い、割とアグレッシブなポイントを潜っていたときのことだ。

前の二人が狭いトンネルへ入り、私もそれに続こうと思ったのだけど、何故か前に進まない。

ん?なんでなんで??
なんでなのーーー!

とにかくジタバタしてみるが一向にそこから動けない。

目の前の二人はトンネルのなかに消えてしまった。
ただでさえ初めてのドライスーツで気持ちに余裕がないところに加えて、まさかのこの状況。

置いていかないでーーー!!
血の気が引いた。すうっと寒くなってきた。

視界には見えないけれど、とにかく辺りを探ってみると、どうやらオクトが岩の隙間に挟まっているらしい。
あれこれまさぐりながら、ジタバタしながら、なんとか岩場からオクトが外れた。

あぁー良かった…

そのあと先にいった二人と合流したが、泳いでいると、今度はなんだか背中辺りがフワフワしている気がする。試しにタンクを手で触ってみたら、なんだか安定感がない。

ん?もしかしてもしかして?

タンクを固定するベルトが外れてる??

ぎゃーーー!!どうしよーーー!!

タンクのベルトが外れているということが、そもそも状況的によくあることなのか、または緊急事態なのかもわからない。
と、ひとりガクブルしていたのだか、他の二人はレアキャラのお魚の撮影に夢中だ。

あぁーどうしよどうしょどうしょー…

と思いながら数分。

なんとかインストラクターさんに背中がおかしいというとこを伝えると、やはりベルトが外れてたらしい。岩につかまり閉め直してもらう。
はぁ…と安堵したのも束の間、やっとこ残圧計をみると、もう残圧30をきっていることに気がついた。

マジか!と思い、大慌ててそれを伝える。

もうこの時、慣れない水中で起きた出来事達に平常心を失って、完全キャパオーバー状態だった。

安全停止中も足が上がって一人ジタバタ。水面に出てみるとボートもいない。
しばらく待って命からがらボートに上がって残圧計をみたら、すっからかんのゼロだった。

というダメダイバーのスペシャリストみたいな内容だったのだけど、身をもっていい勉強になったのは間違いない。

・オクトは絶対ブラブラさせておかないこと。

・おかしいと思ったら、さっさと誰か呼ぶ。

・ダメダイバーは、基本最後につくな。

・ダメメンタリティーな脳みそは、エアをたくさん消費する。

次回からは、同じ過ちはしないぞトホホ、と心に誓ったのでした。

※写真の場所と内容は、関係ありません。

→  初めてのドライスーツ その3【私のドライスーツライフに、一筋の光が】 へ続く

 

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

関連記事

  1. ダイビングログ

    ドライスーツのシーズン到来(泣)【IOPの洗礼を受ける】

    あんなに暑かった夏はまるでなかったかのように過ぎ去り、また今年もドライ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. いろいろ

    「女性の人生こうあるべき」のマインドを、海底に捨ててきた。
  2. 旅ログ

    【北海道・積丹ダイビング】一人旅の厳しさを思い知る。その1
  3. いろいろ

    ボートダイブエントリー 「流刑地送りの呪い」が解けた時。
  4. スキューバ女子

    【スキューバ女子】フィンを侮るなかれ!女子のためのフィン比較
  5. ダイビングログ

    【伊豆大島へ】日帰りで弾丸ダイビング決行!~その1
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。