ダイビング女子

【スキューバ女子】ダイビング時の髪型はどうすればいい?○○○にならないために。

(2021.9 更新)


意外とネットで多く調べられているのが、ダイビングの時に髪型はどうすればいいの?という問題である。

実は私自身「ダイビングの時の髪型」について深刻な悩みを抱えているので、ここでシェアしたいと思う。
スキューバ女子の何かの参考になれば幸いだ。

 



私の悩みとは、海から上がった瞬間に「この世のものとは思えない髪型」になっている、ということだ。


ボートダイビングでは同じボートに何人も乗合いすることになるが、海から上がってきたら髪型がゾンビになっている姿を人様にさらすのは、とても心が痛む。

だが海は非情にも、私のヘアスタイルをいつも不測の事態に陥らせる。




私の髪質のせいなのか、塩分のせいなのか、「中途半端に固めるスプレーを使用した髪型」のようになる。


それを避けたいがために、髪がさほど長くないのに後ろにひとつで結んでいたときは、いつの間にか髪ゴムを海中で紛失してしまい、エクジットした時にはミノカサゴみたいになってしまっていた。

ミノカサゴはこちら


【ダイビング時のヘアスタイルのポイント】

■ 海の中で揉まれていると、普段の想像を超えた結果になります。
短いのに無理して後ろで縛っていると、いつの間にかゴムがほどけてなくなっていることは多いので気をつけて。

■ 長い前髪は、なるべく浮遊させないほうが良いと思います(なぜなら下の写真参照)
ゆるめのピンとかだとすぐに海の中で紛失するので、錆びない素材で頑丈そうなものを選んで。

■ 顔のマスク部分に髪の毛が少しでもはさまっていると、そこから海水が入りやすいです。
だからあらかじめ前髪は避けておきましょう。
イメージは、卓球選手の女の子!  



はたまた長めの前髪を少し残して後ろでしばっていた時は、その前髪がベッタリと顔に張り付き、それはそれで見るに堪えない。

怨念たっぷりな前髪クネ子が海から這い上がってくるという、と新手の心霊現象を起こしてしまう。



要は、私は他の女性よりもはるかに高ゾンビ率なのだ。


 
【補足説明・・怨念たっぷりな前髪クネ子とは?】

私は陸の上では、デキる女風の長めの前髪を残して後ろで縛っていることが多い。
しかしそれは、海中で記念写真を撮るとこういう結果になる。

これでは、サザエさんの家の「波平」と呼ばれてしまっても仕方がない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

他の女性達は、海から上がってきてもスキッとしているのは何故なんだろう。

海に潜る直前に頭のてっぺんに可愛くおだんごをくるくるっと作って、海から上がっても全くおだんごが崩れていない美人インストラクターさんを知っているが、何か特別なワザでも使っているのだろうかと不思議に思う。

これはダイビングのスキルアップと同様に、私の永遠の課題となっている。


 

ところで、髪型によってはマスクの装着にも影響がでてくる。
 
マスク装着時に特に後ろの部分の髪の毛のからまりを避けるために、このようなマスクストラップカバーを使っている女性は多いと思う。
海中で後ろから見て誰なのか判別しやすいので、バディのためにも是非使ってみて)


↓これは私が使っているもので、安いしカワイイのでgood^^

Hele i Waho(ヘレイワホ) 【 マスクストラップカバー 】Hele i Waho/ヘレイワホマスクストラップカバー ダイビングやシュノーケリング・スキンダイビングでのマスクをもっと快適に

 
このマスクストラップ下に髪の結び目がきてしまった時があって、しかも面倒でマスクのストラップの長さを調整しないでいたら、顔がマスクで圧迫されて恐ろしくキツネ目の女のまま潜水することになる(笑)

顔のリフトアップになるなら率先してそうするのだが、きっと世の中そうは上手くできていないだろうから、注意したいところだ。

 


 
余談だが、先日マスクを買い替えた。

なんでもオーダーメイドでスカート部(視界で見える透明な部分ではなく、顔にかかるゴム部分)が顔の形にあったものになる=マスク内に海水が入らない!=快適に潜れる、というセールストークだったため、飛びついて買ってしまった。

が、機能性を重視した商品のため、見た目は二の次三の次なのは否めない。


 
そして自分が写った海中の写真を見て、絶句した。

まるで海を舞台にした物語の、安っぽいアンチヒーローみたいになってしまっている。
コブダイも悪の使者に見えてくる。

髪型以前に、これではいけないと感じた瞬間だった。 
 

↑オリジナル LINEスタンプ発売中 ↑

【初島ダイワハウスと熱海バブル】公共交通機関で、ダイビングに行ってみた~その2前のページ

【仁義なき戦い】ダイビング中毒同士の頂上決戦次のページ

関連記事

  1. ダイビング女子

    「女性の人生こうあるべき」のマインドを、海底に捨ててきた。

    私は今の会社に正社員として勤める前に、「女性起業家」というカテゴリに顔…

  2. ダイビング女子

    【スキューバ女子】趣味がスキューバダイビング、という独身女性ってどうなの?

    ある時、ネットの質問サイトでおおよそこんな内容を見つけた。同じ職場にい…

  3. ダイビング女子

    【スキューバ女子】ダイビングの時の水着はどうすればいいの?

    「初めてなんだけど、スキューバダイビングの時の水着は、どうしたらいい…

  4. ダイビング女子

    【波動バカとスピリチュアル】キラキラ語る前に、まずは海に潜れ。人生観変わるから。

    私がかつて出入りしていた女性起業家達に大人気だったスピリチュアル。特…

  5. ダイビング女子

    【スキューバ女子】初心者ダメダイバーからの脱却を目指す!

    ダイビングの器材は、女性からしてみるととにかく重い。&nbsp…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 永遠の初心者ダイバー

    ボートダイブエントリー それは、自分の好奇心を後悔する瞬間。
  2. ダイビングログ

    初めてのスキューバダイビング ー その5【かろうじて合格・・ウミガメとの遭遇で感…
  3. 海と日常

    カエルアンコウ愛が止まらない。そんな私に訪れた危機。
  4. ダイビングログ

    【タイ・プーケットの旅〜その3】多国籍なダイビング船での出来事。 
  5. ダイビングログ

    No more ウミウシからの転換。【東京女子ウミウシ図鑑】
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。