旅ログ

東伊豆のおすすめダイビング飯 ー その1

ダイビングそしてログ付けが終了し、さて帰ろうという時、相方ケンジが決まってインストラクターさんに聞くことがある。

「この辺にオススメのご飯屋さん、ないですか?」

現地の方オススメの、東伊豆でのダイビングの帰り道に立寄ったお店の記録を3つほどあげてみる。

味くらべ

 

網代の地魚を堪能できる、国道沿いにある人気店。生け簀からでてくる新鮮なお魚の定食、料理がメイン。

周りを見てると大きな桜海老のかき揚げを注文している人が多く、すごく美味しそうなので早速真似してみる。
かき揚げの残った破片をご飯と混ぜてみると、さらに美味しいらしい。(相方ケンジ)

 

ミニかき揚げ飯

 

東京では聞きなれないお魚のお刺身もたくさん。写真のお魚はアブラボウズ。深海魚の一種らしい。
調べたところ、体の4割が脂身でできているらしく「中性脂肪のカタマリ」らしい。淡白で食べやすいんだけど、食べ過ぎは厳禁だそうで(笑)

アブラボウズ

と、このお店でお腹いっぱいになってしばらく行った先に、第2のオススメのお店が…全然ちっともお腹すいてないんだけど(笑)

元祖からみもち 鈴樹

 

渋滞しがちな国道をさけて山の中の抜け道を走っていると突如現れる、古民家風の建物。
店内に入ってみると、「お一人様一皿、ご注文ください」との貼り紙が。

え。今はかなりツライ・・のだけど食べる。

店名にもなっているからみもちの「からみ」は大根おろしらしく、それと磯辺もちを注文。

おもちがふわっふわでほんのり甘くて美味しくて、結局ぺろーんと食べてしまった(笑)

後で知ったのだけどテイクアウトでくるお客さんもいて、次回はお持ち帰りひとつを二人で食べるくらいにしておこう…と思った。


小田原漁港

 

場所柄、美味しくないわけがない。もう絶対当たり。

いくつかお店が入っていて、わかりやすく朝どれシラスのお店で丼ものを注文してみる。

当たり前だがシラスがキラキラしてる。

その数ヵ月前にスーパーで生シラスを買って家についたら変色してしまって美味しくなかったという悲しい出来事があったので、鮮度勝負の生シラスは現場で食べないとね。
シラスにばかり目がいっていたが、丼の端っこにさつま揚げが鎮座しているところが、小田原感を主張している(笑)。

photo by KENJI instagram

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

関連記事

  1. ダイビングログ

    中学生の息子に、ジュニアOWライセンスを取得させてみた。ー その1

    親というものは、自分の苦手だった分野を子供にマスターして欲しいと強く願…

  2. 旅ログ

    沖縄 宙に浮いたダイビングフラッグ その1

    北海道出身の私は、日本の最南端の県である沖縄に、人よりも相当強い憧れを…

  3. 旅ログ

    沖縄 宙に浮いたダイビングフラッグ その2【サンセットカヤックで圧倒される】

    沖縄への出発の日がきた。潜らないなら沖縄に行っても仕方がないという…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. いろいろ

    「iQ-Company」が可愛すぎて、困惑してしまう。
  2. いろいろ

    ダイビングの功績 ー 取り柄がなくてもいいじゃないか。
  3. 旅ログ

    【仁義なき戦い】ダイビング中毒同士の頂上決戦
  4. いろいろ

    ダンゴウオフィーバーに感じる違和感を、掘り下げてみた。
  5. ダイビングログ

    館山シャークスクランブルで、サメと戯れるーその1【人生初・サメとエイと揉みくちゃ…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。