ダイビングログ

【初島ダイワハウスと熱海バブル】公共交通機関で、ダイビングに行ってみた~その2

前回のつづき 写真は写真ACより)

 
勢いよく家をでてきたものの、やはりまだ二日酔い気味だった。
けれど実際に潜るまではあと数時間ある。この間に回復させないと・・・

長い長い電車移動は、ひたすら回復のために微動だにしないように過ごした。

新幹線に乗り込んでみると、通路をはさんで隣の席に、横になったオッサンが「うう~、はぁ~」とため息をついて寝返りを何度もうっている。

 
このオッサンも二日酔いだろうか。

 
自分のだらしなさを見せつけられているようだった(笑)
とりあえず、視界に入れないでおこう。

 


 

そして集合場所のJR熱海駅に時間通りに到着した。
ああ、間に合わないからと諦めないでよかった!!

そして二日酔いも治った!!(泣)


初島へのフェリー乗り場で、参加申込書の記入を行う。

・前日に多量のアルコールを摂取しましたか? YES NO
・二日酔いによる体調不良はありませんか? YES NO


はい。ごめんなさい。
ごめんなさい。


あれ?いつもこんな質問、あったっけ・・・?
とにかくもう大丈夫だから許して。






 
最近の熱海といえば、「熱海バブル」真っ最中だ。
20~30代の若い人たちで駅前が溢れている。

ドラマの撮影を積極的に誘致したり、桜を一足早咲きのものに植え替えてSNSの宣伝効果を狙ったり、山手線上の主要駅のような立派な駅舎に建て替えた自治体の戦略が功を奏したのだろうか。

そしてその恩恵を受けて、初島までもが様々な年代や国籍の観光客で賑わっていた。


そんな中、5月なのに水着とウエットスーツの常夏スタイルで休憩している私たちを、観光客が冷ややかな視線をじぃ〜っと投げかけて通り過ぎる。

 
きっとノーテンキな人種だと、と思ってるんでしょ(笑)


違うからね。
私だって都心でちゃんと疲弊しているサラリーマンなんだからね、と心で呟く。


そういえばこんなに観光客の晒し者になるポイントって、他にないよな。





休憩中色々と話しているうちに、ダイバーなら知っている「熱海のあのお方」の話になった。

やはり通称「熱海の仙人」と呼ばれており、誰と話していても熱海の海底遺跡の話になると、止まらなくなるらしい。

 
【熱海・海底遺跡】仙人現る。ー その1
【熱海・沈没船】仙人現る・沈没船ダイビング ーその2

 
そして20年前から変わっていない、懐かしのHTMLで埋め尽くされたホームページの存在。

まるで私のブログ記事を読んでくれたのだろうか?と勘違いしてしまう程、私がそこに書いていたことと同じことを口にしていた。




熱海の海に潜るたびに思うことがある。
この先、本当に竜宮城が現れてくるのではないかと。

 
海の中が不思議とそんな雰囲気がある。
 

それは港から見える熱海城や秘宝館の妖しげな雰囲気に乗せられているのだろうか。

そして熱海の仙人とは、まさにその竜宮城から亀に乗って帰ってきた人物のようなのだ。


熱海には役者まで揃っている。



※ちなみに浦島太郎物語の実際のモデルの場所は諸説ありますが、熱海ではありません^^





ところで肝心の初島の海の中は、ビーチからエントリーでもボートダイビングのような面白さがあった。

まだ少し春濁りの時期ではあったけれど、通称「ダイワハウス(人工的に作られた魚礁、上記写真)」や岩場の景観が個人的には興味深かった。

細かい生き物にあまり興味のない私には、なかなかツボなポイントだった。


 
ミサワとか住友ではなくダイワというところに、何か意図があるのだろうか?(笑)




熱海も初島も、都心から日帰りで電車でいける貴重なポイントだ。

行列が絶えない熱海プリンとか、熱海そばってどんなの?って覗いてみたらただの立ち食いそばだったとか、熱海バブルに乗っかれば、海以外にも色々と楽しめる。

自分一人でも車がなくても送迎付き都市型ショップに頼らなくても、ダイビングは行けるんだ!という、なんだか妙に変な自信をつけて満足して帰路についた。




(いつもながら、海の中のどうだとか写真もほとんどない記事ですが、それが私のブログの良いところだと思っているので、今後とも「海とぷ」をよろしくお願いします) 

↑オリジナル LINEスタンプ発売中 ↑

関連記事

  1. ダイビングログ

    館山シャークスクランブルで、サメと戯れるーその2【お魚にも生き様がある】

    → 館山シャークスクランブルで、サメと戯れるーその1【人生初・サメとエ…

  2. ダイビングログ

    春日に負けた。ドMダイバー日記。その2

    (前回の続き) photo by KENJI instagram …

  3. ダイビングログ

    【日帰り・伊豆大島】弾丸ダイビング!&ダイビング飯~その2

    【伊豆大島へ】日帰りで弾丸ダイビング決行!~その1 の続きph…

コメント

    • きくりん
    • 2019年 6月 10日

    こんにちは^_^
    このブログを見つけた時から
    どれだけ励まされ、癒され、叱咤激励?もされ、最近ではホントに私の心のバイブルになってます。
    間もなく50本です。最近ドライとウェットを購入し 好きなのか嫌いなのか まだはっきり言えない自分と戦ってます。

      • arionax
      • 2019年 6月 10日

      きくりん様♪

      いつも読んでいただき、ありがとうございます!
      もーめちゃ嬉しいです(*’▽’*)

      今だにダメダイバーすぎて自分でも笑えるくらいなので、その経験がお役にたてれば救われます!

      もうすぐ50本おめでとうございます^^
      楽しんで50本目迎えてくださいね!!
      これからもゆるめにお互い頑張りましょう♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. いろいろ

    ダイバーには、オタクと独身者が多い?(笑)
  2. ダイビングログ

    【女性一人ダイビング・初島】公共交通機関で、ダイビングに行ってみた~その1
  3. いろいろ

    「iQ-Company」が可愛すぎて、困惑してしまう。
  4. いろいろ

    また来たい!絶対成長して戻ってくる!グアムのダイビングショップ
  5. ダイビングログ

    館山シャークスクランブルで、サメと戯れるーその1【人生初・サメとエイと揉みくちゃ…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。