ダイビングログ

初めてのスキューバダイビング ー 波の荒いポイントで恐怖のエントリー&エグジット【伊豆海洋公園】

東伊豆でダイビングボイントとして有名な伊豆海洋公園。ここで初めてのダイビングだった。
この日はあまり天候が良くなく、岩場に波が激しく打ち付けている。

 

ほんとに、ここに潜るの・・・・?

 

そんな波間をぬって、ベテランの方たちはどんどんエントリーして姿が見えなくなっていく。

 

ダメだダメだ怖すぎる。
それでも潜りたい? 私。

 

イエス。
・・・そうか、イエスなのか私。

 

私の好奇心旺盛なマインドBは、イエスと言っている。
またしても、自分の好奇心に振り回されている。

 

 

インストラクターさんに「自力で潜るのは、ちょっと無理かもです・・・」と素直に申告する。
すると、安全に潜れる場所までは引っ張って連れて行ってくれるとのこと。やったー。

 

私はそろそろと岩場のスロープを伝って降りて、腰まで水に浸かったあたりで波に身を任せて、私はただの浮遊物になった。

 

インストラクターさんが、私を引っ張り始めた。
レギュをくわえて、空を見上げ、ひたすら浮遊物に徹する。

 

ちょっとでも恐怖心が勝ってしまったら、私は何をしでかすかわからない。
自分の水中の能力を全く信用していない。

 

今は、ただの浮遊物くらいがベストだ。

 

自分の手足に、意思を持った動きをしないよう指令をだす。
今まで生きてきて、そんな脳内指令を出したことがあっただろうか・・・。

 

そんなことを考えていたおかげで、思ったほど波に揉まれることなくスムーズに潜行ポイントまでたどり着いた。

 

 

潜ってしまえば、さほどうねりも気にならず、数十分の海中散歩を楽しむ。

が、波が荒いとエグジットも大変だということを、すっかり忘れていた。
ちょっとでも気を抜くと、波に体を持っていかれ岩に打ち付けられそうになる。
最初と同じスロープ状のところをロープを両手でつかまりそろそろと立上った。

 

がその時、予想外のゴツい物体がものすごい勢いで私に体当たりしてきた。

あまりの衝撃と激痛に転倒し、レギュも外していたため(インストラクターの指示を無視しており)水中で揉みくちゃになり一瞬溺れかける。
慌てて大声を上げてインストラクターさんが駆けつけてきてくれ、水中から引き揚げてくれて事なきを得た。

 

私にぶつかってきた物体とは、そんな危険な状況でカメラを撮影しようとして波にのまれた相方ケンジだった。

 

当然その後、私が怒り心頭でブチ切れたことは言うまでもない。

 

今、彼は私に何かあったら救助できるように(という名目?)と、レスキュー・ダイバーまで取得したので、もうほじくり出して言うことはないだろうが(笑)

 

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

にほんブログ村

沖縄 宙に浮いたダイビングフラッグ その2【サンセットカヤックで圧倒される】前のページ

ダイビングの功績 ー 取り柄がなくてもいいじゃないか。次のページ

関連記事

  1. 永遠の初心者ダイバー

    ダイビングの功績 ー 取り柄がなくてもいいじゃないか。

    一応私は、建築業界の営業マンの端くれである。工事現場に出入りし…

  2. ダイビングログ

    極寒・熱海ダイブで感じた、冬のダイバーを悩ますあの課題。

    一月の末、熱海でダイビングをしてきた。地上の体感気温は3℃、風が強く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ダイビングログ

    中学生の息子に、ジュニアOWライセンスを取得させてみた。ー その3【海の中で大笑…
  2. ダイビングログ

    【館山・西川名】ちょっと潮の流れに立ち向かってみた。
  3. 永遠の初心者ダイバー

    ドライスーツは、流氷を攻める日の為にあるのかもしれないから。
  4. ダイビングログ

    【沖縄・親子でダイビング】子供に体験ダイビングをさせてみた。その1
  5. ダイビングログ

    Divemateを使ってみた。ー ドイツ製デジタルログブック
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。