ダイビングログ

【海とぷ祭り・伊豆半島編】初心者のパニックを目の当たりにする&謎のカップル遭遇 〜その1

このお盆休みは、相方ケンジと伊豆の海をあちこちハシゴして潜って来た。
このブログ風に言えば、【海とぷ祭り・伊豆半島編】みたいな感じであろう。

しかし、そこでまさか事件勃発するとは・・・・!

そこは今回潜る予定のポイントの中でも、経験本数が必要な中級者〜上級者向けのポイントだった。
なので私は、数日前から震え上がっていた。

経験本数的にはクリアしているものの、何と言っても私は自称ダメダイバーだ。
私の経験本数は、他の人の同じ経験本数からマイナス20本と同レベルくらいがちょうどいい。

陸で大丈夫と思っていても、海の中でヤヌスな人格が出て来たら、何をしでかすかわからない。

ああああ心配だぁぁぁぁ・・・

その日は、ボートダイビング2本の予定だった。
私のチームは、インストラクターさんとゲスト5人。

同じチームの中に20代くらいの不思議なカップルがいた。

なぜ不思議かと言うと、そもそもこの二人会話がまるでない。
おまけに二人の距離は、いつだって見事に1m以上保っていた。

そして二人とも陸の上では表情が全くなく、人との接触を極力避けるようにしているように見えた。

しかし海の中に入ると、途端に様子が変わる。

全く表情のなかった女の子が、急にいろんなポージングを展開しだした。
全身で大の字やらピースしてみたり、ダイビング満喫してまーす🎵な感じで、男の子がそれを写真に撮っている。

水深もまああるし結構流れもキツくて、二人ともあらぬ方向に流されまくりだが、撮影には余念がない。

目的は、インスタなんだろうな。

事件は、その日のダイビング2本目に起きた。

波も荒く、ボートも結構揺れていた。
そしてボートからエントリーした後に大物を狙うために、とある根に向かって泳いでいた時のことだ。

どこからか水中で、急に人の叫び声らしき声が聞こえた。
こんなに水中で声って聞こえるのか、と言うほどの大きな声だった。

なに・・・?
辺りを見回してみると・・・・・・

あれ、一人足りない・・・

ケツ持ちしていた相方が、水面を指を差していた。
誰かが水面に浮いている?

あの謎のカップルの男の子が、水深20mから一気に急浮上したのだった。

→ 【海とぷ祭り・伊豆半島編】やりきれないダイビング&初心者パニック 〜その2 へ続く

※写真はセブで撮ったもので、内容とは関係ありません^^

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

にほんブログ村

【日帰り・伊豆大島】弾丸ダイビング!&ダイビング飯~その2前のページ

【海とぷ祭り・伊豆半島編】やりきれないダイビング&初心者パニック 〜その2次のページ

関連記事

  1. ダイビングログ

    初めてのスキューバダイビング ー その2【耳抜き苦戦!騙された感満載で海の底へ】

    前回の続きです潜ればいいんでしょ・・潜れば。潜行ロープをつかみ、…

  2. ダイビングログ

    極寒・熱海ダイブで感じた、冬のダイバーを悩ますあの課題。

    一月の末、熱海でダイビングをしてきた。地上の体感気温は3℃、風が強く…

  3. 永遠の初心者ダイバー

    ドライスーツは、流氷を攻める日の為にあるのかもしれないから。

    ドライスーツは慣れるまではちょっと大変かもね・・・という噂を聞いて戦々…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ダイビングログ

    【石垣島ダイビング〜その2】マンタとコラボ!ダイビングフラッグが現実に。
  2. ダイビング女子

    【あの時、流された水着】ボートダイブエントリーがいつまでたっても、上達しない。
  3. 永遠の初心者ダイバー

    潜行時の耳抜きが一発で平気になったキッカケ。
  4. ダイビングログ

    【熱海・海底遺跡】仙人現る。ー その1
  5. 海と日常

    ダイビングが趣味の男性とマッチングアプリで出会ったが、想定外の論争が勃発した話 …
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。