スキューバ女子

【スキューバ女子】ドライスーツって結局どうなの?どこで買えばいいの?

5月中旬。
関東近郊の海でもそろそろドライスーツのシーズンも終わろうとしている。
この時を待っていました!といっても大げさではない。


ウェットで海を感じながら潜る爽快感が懐かしいし、正直ドライスーツはあんまり好きにはなれない。


ここでスキューバ女子に向けて、ドライスーツについてのアレコレを書いていこうと思う。






私が一番最初にドライスーツを着て潜ったのは、実は買ったばかりのMyドライスーツで、だった。

なぜなら当時相談していたショップはドライスーツのレンタルはしてくれてはいなかった。
けれどすっかり勢いがついてた時期に、冬眠ダイバーにはなりたくなかったのだ。

ショップがドライスーツのレンタルをしていなかった理由を聞いてみたところ、「ドライスーツは首回りや袖が本人に合っていないと水没したりして、散々な思い出ばかりで二度と潜りたくなくなるから。」と言われた。

え。やだやだ。
ただでさえ海の中で余裕がないのに水没なんかしたら死ぬでしょ!

そうして十ウン万を出して、フルオーダーのドライスーツをさらっと購入したのだった。

 
要はドライスーツをオーダーで買ってほしいショップの思惑にあっさり乗っかってしまったのだろう(笑)


 
ちなみにドライスーツのレンタルは、ショップによるが有料または無料で用意してあるところも多い。

周りでドライスーツをレンタルで使用していた様子を見ていたが、それほど水没している様子はなかったし、ましてや水没して死にそうな思いをしてもう二度と潜りたくない、という人は見たことがない。




更にショップが言っていた「ドライスーツをおススメする理由」に、「女性だから体を冷やしてはいけない」というのがあったが、これは今かなりの疑問を抱いている。

そもそも体の冷えなど気にするのであれば、海に潜らない方が正解だ。


体の冷えが気になる人 →→ わざわざドライスーツを着てまで冬の海に潜る人、この両者の思考回路は天と地ほどかけ離れている。


それにドライスーツを着て海へ潜ると冬でもかなり汗をかくので、逆に陸では体が冷える。

海へ潜るとやたらとトイレが近くなる生理現象と関係があるのかはわからないが、 特に少し暖かい時期になってくるとドライスーツが水没ならぬ汗没する。

ドライスーツの中はそうそう洗わないので、そういった点ではレンタルよりもMyドライスーツの方が気にならないのは確かだ。


あと購入時にショップの人から、「初心者はあちこち排気バルブをつけても訳がわからないから」と言われるがままオプションはつけなかったのだが、今となっては袖口近くに排気バルブをつければ良かったと少し後悔している。

例えばカメラとか持っている時に、排気するために体勢を傾けることなくただ上に腕をあげれば排気できるというのはとっても楽だ。


注文する時、ドライスーツが好きな色の組み合わせでカスタマイズできる!というのにすっかり浮かれてしまい、大事な機能が二の次という、いかにも自分らしい展開になってしまったのが残念だ。

ドライスーツは初心者である期間よりも遥かに長持ちするのだから、せっかくフルオーダーでお願いするならばもう少し下調べすれば良かったと後悔している。

ぶっちゃけ、普通の体型でありそれほど機能にこだわらないのであればフルオーダーでなく既製品(ただし首回りと袖口は計測して合わせてもらう)で良かったのではないかとも思う。

 

そしてもうドライスーツに大金をかけたくはないので、地味にメンテナンスをしながら 使い続けていこうと思っている。





今のところ、フルオーダーでドライスーツを作って潜って2シーズン目、いまだにドタバタと着脱にもがき苦しみ、操作もようやく慣れてきたと思うところで初夏になる。

そして来シーズン初めもまた、エアを減らしながら海の中でジタバタするのだろうな、私。


まぁとにかく、ようやくウエットで潜れる海を今年も満喫したいと思う。

関連記事

  1. スキューバ女子

    【スキューバ女子】フィンを侮るなかれ!女子のためのフィン比較

    スキューバダイビングを始めてら1年とちょっとになり、気が付くと手元にあ…

  2. スキューバ女子

    【スキューバ女子】それは、多種多様な女子達の集まり。

    私は海に、魚を見に来ているのか、人を見に来ているのか?…

  3. いろいろ

    【スキューバ女子】一番のハードルとは、美意識を保つこと。

    私が思うスキューバダイビングの難点とは、女子にとっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. いろいろ

    自分が、ついに『自称リゾートダイバー』になってしまった日。
  2. ダイビングログ

    【初島イルカフィーバー?】サプライズだらけの100本記念~その1
  3. スキューバ女子

    【スキューバ女子】キレイ女子のバックロールエントリーが、たまらない。
  4. 初心者ダイバー

    初めてのスキューバダイビング ー AOW取得へ・その1【学科の勉強で思わぬ敵が現…
  5. 初心者ダイバー

    結局、自分のダイビング器材は、購入するべき?【他人から見たホンネ】
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。