スキューバ女子

【スキューバ女子】カッコイイを目指せ!インスタで見る海外女性ダイバーが凄すぎる。

 
何気にインスタをみてみると、いつも思うのだけれど、海外のスキューバ女子達が、とにかくカッコよすぎて惚れる。


もうこの人たち、絶対海の中に魚とか見に行ってない。
ゴーストバスターズみたいなことが、これから起きるんだろう。


なんでこんなにカッコイイのかって考えると、ウエットスーツを着ないで、三角ビキニにそのまま装備を背負っているのから、このなんというか、装備の無機質感が、肌を更に強調しているのだろうかとか、妄想が始まってしまう。

そしてこんなに腕やら脚をさらけ出して、あちこち傷つかないの?とか。

(ちゃんと中性浮力保っていれば、あちこちぶつけることもそうそうないと思われるので、大丈夫なのでしょう。自分を基準に考えちゃいけない。)


全くもって余談だが、私は何故だか海から上がってくると、気持ち悪い海藻が絡みついていてギョッとしたり、へんなエビとかカニみたいな生物をひっつけて上がってきたりする(笑)

 
髪の毛もゾンビだし、鼻水は出るし、マスクの跡はいつまでも消えないし、一人の時だってここまでの格好にはならんわ、くらいのスタイルになってしまうから、なんかもうこのカッコイイ女性達への適切な賞賛の言葉が思いつかない。

なんというか、バービー人形をごっついスキューバダイビング仕様に着せ替えた感じ。

こんな器材を持っていたら、どれだけ海中でバランスが崩れるのだろうか、と思うくらいだが、とにかく女性でも筋力が全然違う。


海外で会った女性ダイバー達は、とにかくタンクを背負ってからの動きが軽快だった。

海からタラップ上がってくるのも、ボートの上を歩くのも、タンクなんか最初から背負っていないみたいに、なんでもサクサクと動きが速すぎて、自分のバグってる具合が笑えてくる。

 


 
で、何故この「カッコイイ」というのに過敏に反応してしまうかというと、「カッコイイ」こそ、女性が年齢を重ねるほど追求したいワードじゃないかと思うからだ。


もう、カワイイでもなく、美しいでもなく、目指すはカッコイイ、 しか選択肢が残っていない、というのが実情でもあるのだけれど(笑)

でありながら、年齢を重ねてからの「カッコイイ」評価は、難易度がUPする。

イケメンだからカッコイイ、のようにイコールで繋がらず、【 ○○なのに 】カッコイイ、みたいに、逆説的な条件が付随してしまう。





私は何がどう転んでも、スキューバダイビングというカテゴリの中で「カッコイイ」を目指すことは不可能だ。

けれど、不器用ながらも、年齢に逆行しながらも、ダイビングが私を形成する大きな要素のひとつであり続けたいし、下手くそなダイビングをしていても「カッコイイ」自分を目指したいと思う。


周りなんか、この際どうでもいい。
「 自分ってちょっとイケてる」って思える勘違いのナルシストくらいが、男も女も人生楽に生きていく秘訣なのは間違いない(笑)
 

関連記事

  1. スキューバ女子

    【スキューバ女子】ダイビングも日常も、一生もののバディを見つけたい。

    ダイビングをきっかけにして出会いを見つけたい!という男女は少なからずい…

  2. いろいろ

    「女性の人生こうあるべき」のマインドを、海底に捨ててきた。

    私は今の会社に正社員として勤める前に、「女性起業家」というカテゴリに顔…

  3. スキューバ女子

    【スキューバ女子】フィンを侮るなかれ!女子のためのフィン比較

    スキューバダイビングを始めてら1年とちょっとになり、気が付くと手元にあ…

  4. スキューバ女子

    グアムの海、回帰の旅。次回リベンジで!

    今回のグアム旅行で3日間お世話になったダイビングショップはこちら。…

  5. いろいろ

    ダイビングは、オンナがつい惚れてしまう、最高にカッコいい趣味なのだろうか?

    先日、たまたまネットでこんな記事を見つけた。★たまんねーっ!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. いろいろ

    Divemateを使ってみた。ー ドイツ製デジタルログブック
  2. 旅ログ

    【タイ・プーケットの旅〜その1】三度の飯より、ダイビングがしたいわけではなかった…
  3. いろいろ

    痛みに負けるな。ドMダイバー日記。その1
  4. いろいろ

    「女性の人生こうあるべき」のマインドを、海底に捨ててきた。
  5. 旅ログ

    【北海道・積丹ダイビング】一人旅の厳しさを思い知る。その1
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。