旅ログ

【女ひとりダイビング旅・沖縄】コロナ禍での、こそっとダイビング

基本小心者な私は、あまり人の心に波風を立てなくないので、昨今ダイビングに行くことは口外しない。

実は、この夏も沖縄へ出向いていた。
緊急事態宣言下での沖縄、もうこれで3度目になる。

私もいち社会人であると同時に、海に潜らないとカラカラに枯渇するダイバーだ。
私だけじゃなく、多くの現役ダイバーがそうだと思う。


私自身の本音は、ワクチンなんて打ちたくなかったが、会社での立場とダイビングを天秤にかけた末に、「さっさと打つもの打って、堂々とダイビングへ行く。」と、心が決まった。

そうと決まれば一刻も早く1回目を打ちたいと思い、沖縄ダイビング予定の3日前にワクチンの予約を取ったのだが・・・

ちょっと気になって調べてみると、DAN JAPAN(ダイバー向け保険のサイト)にこんな記載があった。


COVID-19のワクチンを接種したら、「圧縮ガス潜水」あるいは「息こらえ潜水」を実施する前に、ダイバーは、最低7日間待機するようにしてください。

引用元:【DAN JAPAN】COVID-19ワクチン接種後のダイビング:ガイドライン

・・・なぬ?
さすがに何かあっても怖いので、ワクチンを打つのは戻ってきてからにすることにした。
(※副反応が大変だったけど、現時点では2回摂取済み)

とはいえ、丸腰で沖縄へ行くのも気が引けるので、空港ですぐ結果が出るPCR検査を受けようかとも思ったのだけど、この時は予約が取れなかった。

なので出発する日の朝に、抗原検査キットを使って陰性の結果が出るまでの過程を、パソコン画面で日時を表示しながら写真で撮影しておいた。

万が一身の潔白を疑われたら、この写真を見せればよいか・・・と心配するほどに、かなり神経質になっていた。

(もちろんその写真は誰にも見せることはありませんでした・・笑)



今年の夏は北部の方へ行ったのだけど、潜りたかった伊江島はコロナの影響で来島自粛願いがでており、辺戸岬は台風の影響でNGだった。

瀬底島・水納島を数本潜って、沖縄の海を満喫したあとは、今まで行ったことのなかった沖縄北部へ、のんびりドライブすることにした。

今回も、安定のおひとり様である。

前回は同行者がいる予定だったが、コロナが理由で二転三転した挙句にドタキャンになり結局一人で行った。

そんなこともあって、ますますお気楽で自由な一人旅にハマっている。

そして今まで、旅行といえば9割方ダイビングに費やしてきたのだが、今それを少し反省している。

ダイビングもいいけれど、私にとっての旅の醍醐味はそれだけじゃないよね、とようやく気が付いたのだ。




なんというか、ほぼダイビングの旅行だけだと、何かが偏っている気がするのだ。

大好きな青い海に潜って、海と繋がる陸もきちんと見て、その土地のご飯もおいしく食べて、私のメンタルを構成する栄養素がまんべんなくチャージされる。


ある程度最初に決めておくけれど、その土地で偶然舞い込んできた情報と気分をヒントに行動するのが結果正解だ。
そういうスタンスが、自分には合っている。

ヤンバルクイナ、飛び出し注意

ところで西洋占星術上では、2020年12月から「風の時代」に突入したと言われている。

それまでは、「地(土)の時代」に象徴された【土地・権力・お金】が絶対的な時代だった。

が、これからの風の時代とは、【それらに縛られない・個性の尊重】という新たな価値観が主流の時代へと、まさに200年周期ごとのビックイベントを迎えたのである。


このコロナ禍も、そうした時代の変換期にすっぽり当てはまるようにやってきて、全地球人を根本から引っ掻き回している印象がある。

「風の時代」とは、目に見えるものよりも見えないもの、に価値を置く時代の流れらしい。
改めて【ダイビングをしている瞬間】という、無形だけど貴重な体験がまさにソレだと思う。

日常のアレコレでひと休みしたくなった時に、いつだったか潜った海の記憶を辿れば、ふとした癒しに包まれる。


若くもなく泳げないくせに、海に潜る趣味を持つという、自分のかつての無謀さに改めて感謝している。



まあ、世の中「風の時代」 と言ってはいるが、お空の星がどう動こうとも、ダイバーにとっては、ずっと「海の時代」が続くんだけど。



■沖縄北部 おすすめスポット 【大石林山】


とにかくスゴイ。なんかスゴイ。(語彙力ゼロ)
これどうしてこうなっちゃたの?という奇岩の連続と、絶景のパワースポット。

ガジュマルのご神木もただ見惚れます。運動靴必須で〜。

龍神岩という名前の岩
どうみても中に宇宙人がいる岩
御願ガジュマルの大木。大きすぎて入りきらず、一部しか写真撮れてません・・
与論島もかすかに見えました


ダイビングが趣味の男性とマッチングアプリで出会ったが、想定外の論争が勃発した話 ー その2前のページ

【ダイビング女子】海に潜ることは美容の大敵揃いだけれど、それでも私はダイビングをする。次のページ

関連記事

  1. 永遠の初心者ダイバー

    【体験ダイビング考察】体験だけで、満足することのない人生を。(ちょい辛)

    海で出会う他の方の体験ダイビングを見ていると、わかりやすくこの3系統…

  2. 海と日常

    【人生が変わるとは本当か】泳げないアナタが海に潜るべき3つの理由

    ただの偶然なのだが、私のダイビング経験本数も、このブログの記事数も、…

  3. 旅ログ

    【ダイビング旅行時】これで完璧!?忘れもの対策チェックリスト

    とにかく私は日々、何にするにもどこへ行くにも荷物が多い。 仕事で都内…

  4. ダイビングログ

    【北海道・積丹ダイビング】積丹は、ブルーでウニ丼な海だった。その2

    (前回の続き) 「たった一日、北海道でダイビングをするだけの旅」の…

コメント

    • Sプロ
    • 2021年 9月 29日

    緊急事態宣言があけますね!
    堂々と潜れますね!

      • arionax
      • 2021年 9月 30日

      長かったですがようやく!!ですね^^

    • アキラ
    • 2021年 10月 03日

    これで大手を振って海に行ける様になると良いですね。
    来年は海外も行ける様になる事を祈ってます。

    これからもブログ楽しみにしています。

      • arionax
      • 2021年 10月 03日

      ありがとうございます!
      海外行けるのはいつになるでしょうね?

      ブランクダイバーにならないよう頑張ります〜^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 海と日常

    【会社とはクソである・4月の朝の風景】ブイを乗せて走る通勤快速
  2. ダイビングログ

    「親禿(ハゲ好き)派」の私に起きた、安全停止中の悪意ある出来事。
  3. ダイビングログ

    【海とぷ祭り・伊豆半島編】初心者のパニックを目の当たりにする&謎のカップル遭遇 …
  4. ダイビング女子

    【スキューバ女子】初心者ダメダイバーからの脱却を目指す!
  5. ダイビングログ

    自分に負けた。ドMダイバー日記。その3
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。