ダイビングログ

セブ マクタン島・ダイバーのためのホテル Kontiki Marina & OXYGEN その1

私と相方ケンジは、基本旅行で滞在するホテルのグレードには、さほどこだらない。というより、むしろ多少の不自由さを楽しむ傾向にある。

綺麗で設備の整ったホテルだと「なんだか快適すぎてつまらない・・・」と思ってしまうくらいだ。

ラグジュアリーよりユニーク、快適さよりも普段できない体験の方がいい。

 

 

というわけで今回の旅行で選んだのは、マクタン島マリバゴにあるKontiki Marina(コンティキマリーナ)

口コミを読むと、お湯の出が悪いとか虫が出たとか、目の前の道が舗装されてないとか、想定範囲内のことはちゃんと書いてある(笑)。
だからか、日本人の旅行客は少なそうで価格も安い。

 

そしてこのホテルの中で一番いい部屋をチョイスしていた。なぜならソファーもテーブルもビーチベットもついた、まるで海の上にいるような感覚の広いバルコニーが付いていたから。

そして、なによりこのホテルにはダイビングセンターが併設してある。(写真のPoseidon Diveとは別)

まさにダイバーの為のホテルだ。

 

photo by KENJI instagram

 

 

初日私達は、セブマクタン国際空港からタクシーで20分ほどかけてホテルに到着したのが16時少し前だった。
フロントで交渉するとその時間からでも、ガイドをつけて一本潜らせてくれるという。やったー!

相方ケンジの希望だった「かけつけ一本!」が叶った形となった。

 

私達が英語が堪能では無かったため、ここで日本語ができるスタッフとやらが現れた。

マリちゃんという、お腹がでっぷりしていて歯が数本足りない、愛嬌のある可愛いおっさんだった。

 

え?この人インストラクター?
若干の不安が押し寄せる。

 

マリちゃんのたどたどしい日本語で、器材の有無やダイブの希望を打ち合わせる。

 

OK? GO!!

 

いざダイブ!
インストラクターはマリちゃんではなく、きちんとした青年だった。

きっちりこちらの要望を聞いていただき、ホテル目の前のビーチからエントリー。
希望通りのダイビングをすることができた。

 

 

ちなみに、このホテルでのダイビングは器材レンタルまで含み一本2500ペソ。(日本円で約5000円強)
今回はそれプラス、マリちゃんフィーが加算されていた(笑)

 

インストラクターとのやり取りは英語だったけれど、海に潜ってしまえば世界共通のハンドシグナルで問題なく通じる。

ダイビングに国境は関係ないのだなぁーと、改めて思った瞬間だった。

 

 

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

にほんブログ村

関連記事

  1. ダイビングログ

    【館山・西川名】ちょっと潮の流れに立ち向かってみた。

    南房総2日目は、館山・西川名へ向かった。また例によって私が説明…

  2. いろいろ

    【ダイビング旅行時】これで完璧!?忘れもの対策チェックリスト

    とにかく私は日々、何にするにもどこへ行くにも荷物が多い。 仕事で都内…

  3. ダイビングログ

    春日に負けた。ドMダイバー日記。その2

    (前回の続き) photo by KENJI instagram …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ダイビングログ

    初めてのスキューバダイビング ー AOW取得へ・その2【海洋実習編・海の中でも方…
  2. いろいろ

    【ホバリングの神】との奇跡的な再会に、感慨深くなった。
  3. 旅ログ

    セブ マクタン島・ダイバーのためのホテル Kontiki Marina …
  4. いろいろ

    「女性の人生こうあるべき」のマインドを、海底に捨ててきた。
  5. いろいろ

    レスキュー・ダイバーって、偉大だな。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。