いろいろ

「女性の人生こうあるべき」のマインドを、海底に捨ててきた。

私は今の会社に正社員として勤める前に、「女性起業家」というカテゴリに顔を出していたことがある。

野心と知性に溢れた女性達の集まりであり、また飽くなき向上心を持ち、常に自己啓発が当たり前の場でもあった。

思うにそういうのに共感する女性達は、両親からきっちり育てられた「しっかり者の長女タイプ」の女性が多い。私も少なからずそのタイプといえる。

 

 

「自由」と「経済的な余裕」と、そして「ありのままの自分」を目指し、短い人生の中で「本当の幸せ」を追い求める姿勢は、当時の生活や自分自身に大きな不満を抱えていた私は心から共感した。

そしてそこには、「自由」「経済的な余裕」「ありのままの自分」「美貌」そして「運命のパートナー」まで、私たちが喉から手が出るほど欲しいものを「全て」手にしているリーダーが必ずいて、女性ならでは性質なのか取り巻く女性達と共にそれぞれのコミュニティーを結成していた。

必ずそのリーダー達は、かつての不甲斐ない自分の過去をさらけ出し「こんな私でも今の私があるのですよ」的な、ビフォーアフター対比がお約束だった。

だから「いつか私も」と、人知れず、夫知れず、女性達は心を熱くする。


満月にはお財布を振り、手帳には引き寄せたいことリスト100を書き、憧れの女性像や行ってみたい風景の写真を手帳にボードにこれでもかと貼る。

 

 

「こうあるべき」「こうしなければならない」

そういう考え方は、総じて女性起業家達は大嫌いだ。
だが、「最高の人生を送るために、常に向上心を持たなくてはならない」という暗黙のルールがあったのではなかろうか、と今になって思う。

 

当時スキューバダイビングなんて興味もなかったが、そんなのにうつつを抜かしている人達は、脳みそに穴が空いたお気楽な人間のやることかと思っていた。
そんなことをしている時間があるのなら、自己啓発本の一冊二冊でも読んだ方が自分の人生の為だと信じていた。

質問サイトで「スキューバダイビングが趣味なんて現実離れしてますよね」と投稿している女性とさほど変わらない。

→【スキューバ女子】趣味がスキューバダイビング、という独身女性ってどうなの?

 

 


私にとって、スキューバダイビングを始めたことは、ある意味今までの私の人生の「全否定」だ。

現実的じゃないと感じたはずのダイビングはしっかり現実であり、そこそこお金のかかる趣味は脳みそに穴があいていては出来ない。
そして自分の視野になかった世界を受け入れる器があるということは、どれだけ人生にメリットをもたらすかということをこの年になって実感した。

→ ダイビングの功績 ー 取り柄がなくてもいいじゃないか。


現状が嫌で嫌で、絶対いつかこうなってやる!と当時心に描いた「将来の私の女性像」と「今の私」は大きく違う。

女性起業家が嫌いな会社員の身分だし(笑)、キラキラ女子どころか建築現場でホコリにまみれている。
でも、どうしても欲しかった「自由」も含めて、当時の私が想像も出来なかったことをいくつか手に入れている。

私、よくやった。今の自分、悪くないじゃん。


あの時の私の「こうあるべき」は、海の底にぶん投げてきたから(笑)
たぶん、魚のエサにもならないだろうな。


にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

関連記事

  1. いろいろ

    ドライスーツは、流氷を攻める日の為にあるのかもしれないから。

    ドライスーツは慣れるまではちょっと大変かもね・・・という噂を聞いて戦々…

  2. いろいろ

    海には、強力な浄化作用があるんだと思う。楽しさを体現する人生へ。

    世の中には、大きく分けて2種類の人がいると思う。…

  3. いろいろ

    【LINEスタンプ】ダイビング中毒者用スタンプ発売しました

    頭の中は、海7割、仕事3割。そんなスキューバダイビング中毒に…

  4. いろいろ

    痛みに負けるな。ドMダイバー日記。その1

    その日の仕事帰り、私はいつもよりも慌てて会員制のヨガスタジオに向かっ…

  5. いろいろ

    【スキューバ女子】趣味がスキューバダイビング、という独身女性ってどうなの?

    ある時、ネットの質問サイトでおおよそこんな内容を見つけた。同じ職場にい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. いろいろ

    ダイビングを継続できるコツは、「変態」であるということ。
  2. ダイビングログ

    【イルカと泳げる島・初島で】サプライズだらけの100本記念~その3
  3. ダイビングログ

    館山シャークスクランブルで、サメと戯れるーその2【お魚にも生き様がある】
  4. ダイビングログ

    初めてのドライスーツ その2【ハプニング続きで、残圧0(ゼロ)】 
  5. いろいろ

    【沖縄・親子でダイビング】沖縄の海で、気が付いたこと。その2
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。