ダイビングログ

【館山・西川名】ちょっと潮の流れに立ち向かってみた。

南房総2日目は、館山・西川名へ向かった。

また例によって私が説明をあまり聞いていなかったのか、それとも事前に隠されていたのか、
ここのポイントは割と流れが強いことが多いらしい。

 

私はこの時点で、ダイビング本数がかろうじて50本というところ。
他の人の「50本」よりも、断然程度が低い「50本」であると自負している。

 

西川名は、いつまでも自称「初心者」でありたい私が、立ち向かえるポイントであるのかどうなのか・・・?

 

 

なんだかオシャレなダイビングセンターだなあ・・とちょっとウキウキしたのだが、
割とここは何かと体育会系のノリが必要ではないだろうか。

 

説明を受けたあと、かなり念入りにログブックをチェックされる。
え?何か問題でも・・・?

 

「うちは、こういう場所なので・・・」

 

え・・・こういう場所とはナンデスカ?

 

ああ、なんかいやな予感。
心の中に黒いモヤモヤがでてくる。

誰かの足をひっぱることがありませんように・・・

 

 

最初は流れに逆らって泳いでいき、帰りは流れに乗ってエントリーしたポイントへ戻るというコースだった。

ボートに乗り込んでポイントまでほんの数分。
ロープ潜行でエントリーをする。

底まで潜ってみて・・ん?大丈夫かな?
と思ったのだけど、やっぱり流れが相当あるように感じた。

 

不思議なことに、この日は海底の方が流れがきつかったようだ。
だめだだめだ。全然進まないーーー!!(笑)

 

かなり必死になって、泳ぐ。泳ぐ。泳ぐ。
一息ついて、また泳ぐ。泳ぐ。泳ぐ。

エア大丈夫なんだろうか・・・(←かなり心配)

 

こんなに頑張っているのに、前を行くダイバーが見えなくなるほど離されそうになる。
自分の泳ぎ方がイマイチなのは知っていたが、今回は特に思い知らされた。

 

 

そんなうちに、とあるポイントについたようで写真撮影が始まった。

 

てか、こんな流れの強い場所で、カメラなんていじっている余裕のある人たちって・・・
なんか小さなエンジンとか付いてるの?(笑)

 

私はただただ岩につかまり、風に吹かれる鯉のぼりみたいになっているだけだった。

 

だが岩につかまり顔をあげてみると、魚たちの群れがとにかくすごい。
魚達が流れに逆らって、ただただそこに群れている。

 

この時初めて知ったのだけど、潮の流れが強いと魚たちの群れがとても多くみられる。

 

魚達が交尾していたり、その群れを狙って捕食しようとする大型の魚がいたり、
あちこちで普段潜っていても見られない面白い場面が、繰り広げられていた。

 

結局西川名で3本潜ったうち、潮の流れが落ち着いていた2,3本目は、
流れが強かった1本目に比べると、まるで「宴の後」状態であった。

あんなにいたお魚達は、どこかへ散ってしまって閑散としていた。
(と、いえども結構大物はいて、結構楽しんでた)

 

確かに西川名は面白いけど・・・面白いけどね!
もっと上達せねば(泣)

 

 

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

にほんブログ村

関連記事

  1. 初心者ダイバー

    初めてのスキューバダイビング ー その1【泳げないのにいきなりOWライセンス取得へ】

    インストラクターは、いつまでも海に顔すらつけようとしない私にしびれを切…

  2. いろいろ

    初めてのスキューバダイビング ー ショップ選びをどうすればいいか?

    去年5月にグアムでCカードを取得して、そろそろ10か月目になった。…

  3. ダイビングログ

    春日に負けた。ドMダイバー日記。その2

    (前回の続き) photo by KENJI instagram …

  4. スキューバ女子

    【スキューバ女子】フィンを侮るなかれ!女子のためのフィン比較

    スキューバダイビングを始めてら1年とちょっとになり、気が付くと手元にあ…

  5. ダイビングログ

    【日帰り・伊豆大島】弾丸ダイビング!&ダイビング飯~その2

    【伊豆大島へ】日帰りで弾丸ダイビング決行!~その1 の続きph…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ダイビングログ

    中学生の息子に、ジュニアOWライセンスを取得させてみた。ー その2【船酔いをフレ…
  2. ダイビングログ

    海底で、四則計算をしてみた。【ディープ・スペシャルティ】その1
  3. ダイビングログ

    館山シャークスクランブルで、サメと戯れるーその2【お魚にも生き様がある】
  4. いろいろ

    「女性の人生こうあるべき」のマインドを、海底に捨ててきた。
  5. 旅ログ

    大瀬崎 大当たりのダイビング飯 その1
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。