ダイビングログ

東伊豆クローズ!暴風雨の中、大瀬崎で潜ってきた。

photo by KENJI instagram

 

ダイビングを始めた頃から、相方ケンジと「いつか沈船にデートしよう!」と決めていた。

東京からすぐ行ける沈船スポットとなるとやはり熱海だが、沈船に行こうと思うと、何かしら予定が入ったり風邪を引いたりして、結局何故か今だに行けないままだ。

 

そして4月中旬の先日も、熱海の沈船&今の時期しか潜れない小曽我洞窟へ!と決めて予定していたのに、なんとその日は熱海は暴風雨で全面クローズ・・・。とほほほ。またしても行けず。

熱海だけでなく、東伊豆の方はほぼほぼクローズという状況だった。

 

とはいえ・・・潜る気満々で伊豆に前乗りしてきているのに、海に潜れずに帰るなんて絶対にあり得ない。

ダイビングのこととなると行動が素早い相方ケンジが、海況を調べ上げる。

 

「大瀬崎なら開いてるらしいぞ・・・」

 

早速、大瀬崎で何度かお世話になっているインストラクターさんに連絡をする。
やったー!OKだって!

私らの間では、通説になりつつある「困った時の大瀬崎」。
今回もその通りになった。

 

 

この日の大瀬崎は、湾内と先端のみ潜れるという状況だった。
オフシーズンとはいえ、他がほぼクローズという状態で大瀬崎に集中しているようで、ダイバー達で賑わっていた。

 

ここは大瀬崎。
雨風が激しくても波は立たないので、お風呂にちゃぽんと入る時のような安心感。

あぁほっとする・・・

 

透明度はあんまり良くなくて8mといったところだろうか。
いいかげん暴君ドライスーツの操作も慣れてきて、順調に潜っていく。

 

目新しいコとしては、アカイサキ

どうやらこの子は水深40mより深いところに生息しているお魚らしく、この時の水深20m前後の場所にいること自体が珍しいそうだ。

 

好きな人ならこれだけで今回のdiveはお腹いっぱい!くらいのレアキャラらしいが・・・
私には金魚にしか見えない。

 

それよりも、わかりやすさでハリセンボン。
やばい。カワイイ!

 

丸く膨らんで小さな胸びれと尾びれで泳ぐ姿がコミカルで、その一生懸命さと泳ぎが全く比例せず、ちっとも前に進んでおらず、なんだか気の毒になってくる。

 

触ってみたら、3ミリのグローブの上からでもしっかり針は刺さった。
泳ぎがダメでも、この針があれば大丈夫だね。

 

 

あとはホウボウ。
ああ、この間食べたやつか。案外白身が繊細で美味しかった。
こんな蛍光色のオシャレなデザインの羽が付いていたのね。

 

と、暴風雨に負けず潜ってきた。

「困ったときの大瀬崎」今回もありがとう。

 

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

にほんブログ村

関連記事

  1. 旅ログ

    沖縄 宙に浮いたダイビングフラッグ その1

    北海道出身の私は、日本の最南端の県である沖縄に、人よりも相当強い憧れを…

  2. いろいろ

    自分が、ついに『自称リゾートダイバー』になってしまった日。

     最近このブログの更新が滞っていたのには、明確な理由がある。…

  3. ダイビングログ

    【女性一人ダイビング・初島】公共交通機関で、ダイビングに行ってみた~その1

    私は、どうしてもやってみたいことがあった。「女一人・ダイビング」とい…

  4. ダイビングログ

    【日帰り・伊豆大島】弾丸ダイビング!&ダイビング飯~その2

    【伊豆大島へ】日帰りで弾丸ダイビング決行!~その1 の続きph…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ダイビングログ

    初めてのスキューバダイビング ー その5【かろうじて合格・・ウミガメとの遭遇で感…
  2. ダイビングログ

    No more ウミウシからの転換。【東京女子ウミウシ図鑑】
  3. いろいろ

    ボートダイブエントリー それは、自分の好奇心を後悔する瞬間。
  4. いろいろ

    海には、強力な浄化作用があるんだと思う。楽しさを体現する人生へ。
  5. ダイビングログ

    【海とぷ祭り・伊豆半島編】部長風インストラクターさんと、接待風ダイビングを楽しん…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。