旅ログ

大瀬崎 大当たりのダイビング飯 その1

また今回も満席で入れなかった・・・。

そのお店は、ダイバーで人気の貝殻亭
お昼をとっくに過ぎた時間だけれど、予約なしで入るのがそもそも難しいらしい。

とぼとぼと貝殻亭をあとにする。しばらく車を走らせると、道沿いに洋館風の建物が現れる。

あ、今日は営業中だ。入ってみようか。
確か前回は、営業時間外で入れなかったんだよなあ・・・

そしてこのお店が、今回の大瀬崎diveでの大当たりダイビング飯になった。

cafe&地魚料理 山源

「cafe」と「地魚」
「洋館風の建物」と「和風の看板」

まずこのミスマッチ具合に戸惑う。
「山源」と描かれた和風の看板が、隣の建物のものかと思った。

が、確かに全ての要素がこのお店のものだった。

内装も海が見える立地で洋風のインテリア。
お店の真ん中にお惣菜バイキング(無料)があるのが嬉しい。

東京人は見慣れない「デンデン」のフライや、太刀魚の塩焼きに惹かれて、当店人気メニューと書かれている「おまかせごはん」というのを選んでみた。

このデンデンは、沼津や全国でもごく一部でしか食べられていない「大衆魚」らしい。身が崩れやすくて扱いが面倒だとか?
こういうのが気になるんだよなあ・・

実際、ちょこんとお皿に乗った小さなデンデンのフライは、ふわっふわだった。
これフライで揚げるの結構大変だよね・・・?

お刺身も太刀魚の塩焼きも当然とっても美味しくて、最後に自家製「塩バニラアイス」がでてきてこれもまたなんとも美味しい(泣)。

店内も広くてキレイで、時間帯もあってかお客は私たちだけだった。
思いかけずダイビング後に、プチ優雅に地元のお魚をいただく、という時間が出来て、「またまた【当たり】だったね!」と相方と話しながらお店を後にした。

帰り道に現れる、いつも賑わっているココ。

お腹はいっぱいだけど、がっつり潜った後の箱根超え前の時間稼ぎもあり、お土産でも買うか・・・と立ち寄る。
いちご大福なんてどこもたいして変わらないだろうと思っていたのだが、やばい。美味しいじゃないか・・・と、孤独のグルメ風のアナウンスが脳内に響いてくる。

たまたまそこで出会った馴染みのインストラクターさんいわく、「キウイ大福」も美味い!とのこと。見ると、バナナやらいろいろ変わり種があるようだが、その時はあいにく売り切れで、お土産に定番いちご大福とバナナ大福を買う。

結局その場で、お茶と一緒に大きめのいちご大福をペロリと平らげてしまった。
結局たいした時間稼ぎにならないまま、お店を後にした(笑)。

photo by KENJI instagram

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

 


 

 

関連記事

  1. 旅ログ

    【北海道・積丹ダイビング】一人旅の厳しさを思い知る。その1

    自称ダイバーになってから、早2年とちょっと。周りのどのダイバーも、伊…

  2. いろいろ

    【驚愕】ダイバーならではの誕生日プレゼントをいただいた。

    最近相方ケンジの様子がおかしい。口を開けばダイビング。寝ても覚…

  3. ダイビングログ

    【沖縄・親子でダイビング】子供に体験ダイビングをさせてみた。その1

    今回我が家の次男(中学2年生)と、沖縄に親子2人で体験ダイビングツアー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. いろいろ

    【季節来遊魚的】おっさんとイケメンの共存関係を垣間見た。
  2. いろいろ

    初めてのドライスーツ その3【私のドライスーツライフに、一筋の光が】
  3. スキューバ女子

    【スキューバ女子】ダイビングも日常も、一生もののバディを見つけたい。
  4. ダイビングログ

    海底で、四則計算をしてみた。【ディープ・スペシャルティ】その1
  5. 旅ログ

    グアム最高のロケーションで、朝食を。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。