いろいろ

初めてのスキューバダイビング ー ショップ選びをどうすればいいか?

去年5月にグアムでCカードを取得して、そろそろ10か月目になった。
ダイビング本数は、35本あたり。
当初思っていたよりも早めのペースかなと思う。

 

最初の頃、私も相方もスキューバダイビングの文化?が良くわからなくて困った。
旅行の時だけのリゾートダイバーではなく、定期的に近場の海でもダイビングを続けていきたかった。

 

そのためには、どこかのダイビングショップのメンバーとして属した方がいいのか、または属さずに自分たちが潜りたいポイントにある現地ショップに直接予約していくスタイルがいいのかどうか、と悩んだ時期がある。

 

初期の頃、相方ケンジと現地のショップに直接予約して潜った現地ダイビングショップのインストラクターさんに言われたことだが、

 

・初心者の期間は、どこでもいいから自分のホーム(定位置)を決めて潜った方がいい。

・毎回「初めまして」だと、インストさんもゲストのスキルなどを探りながらになってしまうし、ある程度同じ場所で潜ってもらえれば、教える側も適切な指導がしやすい。

・いくら本数を多く潜っていても、あちこちジプシーしながら潜ってきた人は、案外基本的な知識が身についていない場合が多い。

 

うーん、なるほどな!と思った。

その後私は、相方ケンジの仕事が忙しくなってきてダイビングに行けないという状況になってきたので、単独で地元の都市型ショップのメンバーに登録した。

そこで感じたメリット・デメリットを記してみる。

 

<メリット>

・周りにダイビング仲間がいなくても一人でも気兼ねなく参加ができ、新しい仲間もできる。そのショップが企画するツアーや旅行にも参加ができ、メンバー特典が受けられる。

・都市型ショップは地元発着のツアーが多いので、車がなくても参加がしやすい。

・インストラクターさん(オーナーさん)も、メンバーさんにはとても丁寧に指導してくれるので、スキルや資格のランクUPにとてもいい。


<デメリット>

・個人で現地のダイビングショップに予約する場合に比べて、料金が高めに設定されている場合が多い。月会費などが発生するパターンも。

・ショップによってはメンバーさんの「囲い込み」が強い。

・もともとのショップの雰囲気や、参加しているメンバーさんの年代等によって、合う合わないがある。

 

とある海で知り合った、超ベテランのインストラクターさんが呟いていたことだが、ショップのオーナーさんによって、そこに集うメンバーさんの傾向が決まってくるという。

その時ちょうど、皆がスーツのまま入る浴槽の中でお菓子を食べながら入っているグループがいて、グループを引率しているオーナーを見れば集まるゲストの質もだいたいわかるんだよねえ(ちゃんと指導できているかどうかやマナーも含めて)、のような手厳しいことを言っていた。

だからショップの雰囲気によって、自分に合う合わないは起こりうること、ということだろう。

 

相方ケンジはショップの「メンバーさんの囲い込み」みたいなところに抵抗があり特に所属せずにいたのだけど、AOW取得からレスキュー・ダイバーコースへいく流れで、定位置のダイビングショップが自然と決まってきた。

結局、自分が信頼して任せられるショップかどうか、居心地がいいかどうか、というのが一番の判断基準だろう。
やはり長く続けていきたい趣味だから、そこはちゃんと見極めていきたい。

 

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

関連記事

  1. いろいろ

    【驚愕】ダイバーならではの誕生日プレゼントをいただいた。

    最近相方ケンジの様子がおかしい。口を開けばダイビング。寝ても覚…

  2. いろいろ

    【スキューバ女子】一番のハードルとは、美意識を保つこと。

    私が思うスキューバダイビングの難点とは、女子にとっ…

  3. ダイビングログ

    ドライスーツのシーズン到来(泣)【IOPの洗礼を受ける】

    あんなに暑かった夏はまるでなかったかのように過ぎ去り、また今年もドライ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. スキューバ女子

    【スキューバ女子】スキューバ女子が趣味として継続していくために。
  2. スキューバ女子

    グアムの海、回帰の旅。次回リベンジで!
  3. ダイビングログ

    【日帰り・伊豆大島】弾丸ダイビング!&ダイビング飯~その2
  4. いろいろ

    海には、強力な浄化作用があるんだと思う。楽しさを体現する人生へ。
  5. いろいろ

    ダイビングを継続できるコツは、「変態」であるということ。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。