ダイビングログ

【北海道・積丹ダイビング】積丹は、ブルーでウニ丼な海だった。その2

前回の続き)


「たった一日、北海道でダイビングをするだけの旅」の飛行機が欠航となり、もう面倒だ・・・帰ってしまおうか、とも頭をよぎったが、自前の執念深さが顔を出し、次の日の朝、新千歳空港に到着した。

やけっぱちになって諦めなかった自分へご褒美として、ここはまずは、北海道の海の幸でウエルカム丼ということにしよう!

ウニやイクラが沢山盛られた、別名・痛風丼を堪能しながら、ビールで小さく祝杯をあげた。


実はちょっと前まで、クソ寒い北海道でダイビングをするなんて、なんて奇特な人達だと、非常に失礼極まりないことを思っていた。


しかし調べれば調べるほど、北海道・積丹の海は素晴らしく、今すぐ積丹で潜らなければならない、という焦りすら感じるようになってきてしまった。

そして私には北海道にダイバーの知り合いがいなかったので、北海道のダイバー達とはどんな方々なのか、というところから興味深々だった。

積丹でのダイビング当日。

朝、待ち合わせ場所でショップ御一行様と落ち合い、札幌市内から積丹美国へ向かう車へ乗り込んだ。



たまたま隣に座っていた、去年からご夫婦でダイビングを始めたばかりという奥様に、いろいろと北海道のダイビング事情を聞いてみた。

話を聞いて感心したのは、さすが北海道のダイバーは、ドライスーツのスキルが卓越している。


例えば積丹でのダイビングだと、一年のうちたった2か月程度しかウェットスーツで快適に潜れるシーズンがない。

慣れないと小難しいドライスーツをメインで使わなきゃならないのに加えて、積丹の海ならではの試練があるのだ。


そう。積丹の海底は、ウニだらけ。
海底が、畳みかけるようにウニ、ウニ、ウニなのだ。

お笑いで、同じギャグやツッコミを繰り返す手法を「天丼」というが、まさに積丹は「ウニ丼」の海だ。

空港で食べたウニ丼がエンドレスで食べれるほどの、ウニ丼な海だ。


なので、ちょっと岩場に手をつくのにも確認しないと、痛い目にあう。

その奥様は、中性浮力がちゃんと取れなかった時、買ったばかりのドライスーツをウニの針で穴をあけてしまって水没させた、と言っていた。


初心者にとって積丹の海は、敵をよけながら進む、スーパーマリオの世界観っぽい。
ウニに当たったら、シュンシュンシュンってチビマリオに戻っちゃいそうだな。

だからなのか、北海道のダイバーは、ドライスーツの扱いと浮力調整が非常に上手な方が多いと感じた。

伊豆あたりと比べると、かなり軽めのウエイト+アンクルウエイトなしで、皆さん普通に潜っていたから。



ところで、今回積丹の海で行きたかったポイントの「柱状節理」は、潮の流れの関係でいくことができなかった。

次回は、「柱状節理」リベンジと、海中でトドと出会うのも面白そうだなあ・・・(笑)


☆ 余談1

積丹の海は、全体的に目立つお魚は少なめ。(マクロ派には面白いのだと思います)
それ故なのか生物に関するガイドで、???という瞬間があった。


ボードには、「エビ」とだけ、書かれていた。
・・・「エビ」としか、書かれていない。


なんのエビ?
ちょっとウケた(笑)

※見えずらかったので、加工しました。

☆余談2

 
ホヤの仲間だという「サルパ」という生き物に初めて出会い、衝撃的だった。

どうみても、ダンボールの隙間を埋める梱包材にしかみえない形状で、まさに海中のエイリアン。

単体のヤツもいたり、長く連なってぐるぐると渦巻き状になっているのもいたりで、海中をふわふわと漂っていました。


関連記事

  1. 旅ログ

    大瀬崎 大当たりのダイビング飯 その1

    また今回も満席で入れなかった・・・。そのお店は、ダイバーで人気…

  2. いろいろ

    「親禿(ハゲ好き)派」の私に起きた、安全停止中の悪意ある出来事。

    画像:「ほぼ日手帳」のおまけより 「らくがきしたくなる肖像画」に落書き…

  3. ダイビングログ

    春日に負けた。ドMダイバー日記。その2

    (前回の続き) photo by KENJI instagram …

  4. 旅ログ

    沖縄 宙に浮いたダイビングフラッグ その2【サンセットカヤックで圧倒される】

    沖縄への出発の日がきた。潜らないなら沖縄に行っても仕方がないという…

  5. 旅ログ

    【北海道・積丹ダイビング】一人旅の厳しさを思い知る。その1

    自称ダイバーになってから、早2年とちょっと。周りのどのダイバーも、伊…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. いろいろ

    コロナ禍。海へ帰るその時まで。
  2. スキューバ女子

    【スキューバ女子】こんな手もあった!運命のバディに出会う方法?
  3. ダイビングログ

    東伊豆クローズ!暴風雨の中、大瀬崎で潜ってきた。
  4. ダイビングログ

    【石垣島ダイビング〜その1】日本最南端の海底温泉に入ってきた。
  5. ダイビングログ

    初めてのスキューバダイビング ー 波の荒いポイントで恐怖のエントリー&エグジット…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。