スキューバ女子

【スキューバ女子】それは、多種多様な女子達の集まり。

私は海に、

魚を見に来ているのか、
人を見に来ているのか?

 

ダイビングに来ていて、たまにわからなくなる。

 

 

この男性二人組は、どんな背景があって一緒にここに来ているのか?
一人が敬語、一人がタメ口で。

上司と部下?
それとも先輩、後輩?

 

一見、美女と野獣系のカップルは、
男女の付き合いと、ダイビングという共通の趣味と、
どちらが先だったのか?

 

そんなことを当然知る由もないのだが、なんだか気になってしまう。

 

 

まだスキューバダイビングを初めてそんなに長い期間が経っていないからか、純粋にスキューバダイビングをしている人種というものに興味があるのかもしれない。

 

 

特にスキューバを趣味としている女子はどんなタイプの子が多いのか、かなり気になる。

 

実際かなり可愛い若い女の子も多くて、ネイルも海辺に映えるデザインが施されていたりして、そんな指先が手際よく機材のセッティングをしてたりすると、なんだかカッコイイなあぁぁなんて思ったりする。

 

私もネイルをしていないと日常何かとテンションが上がらないタチなので、年相応にやっているのだけど、実は女性のインストラクターさんにはあまりいい顔をされなかった経験がある。

 

 

特にドライスーツの着脱の際に、首や手首の柔らかいゴム部分をツメで傷つけないかと気になるようで、

 

「はいっ!ツメ気をつけて!!」

 

「あ、あぁっ!!優しく!!ツメ立てないで!!」

 

などと、こちらの手先の動き一つで声をあげられると、ちょっとビミョーな気分になったりもする(笑)
ドライスーツも大切だが、日々ダイビングのためだけに生きているのではないので、こればかりは譲れない。

 

機材が重かったり力が必要で気がついたらツメががっつり折れていたり、なんて悲惨な目にもあったが、やはりネイルは日々のエナジーだ。

 

 

日焼け対策に関しても、女子それぞれだ。

 

先日は、もう一ミリだって紫外線を避けたい女子が、海に潜る寸前まで何者か全くわからない覆面状態になっていて驚いた。
目の周りだけが出ているフェイスマスクに加え、農作業帽子にサングラスというスタイルだった。

 

一見周りの人を思わず黙らせてしまう程の怪しさで、謎のオーラに包まれていたが、素顔を拝見すると、マリンスポーツをしているとは思えない色白美人で、マツエクやら何やら細かな管理が徹底されているのが一目瞭然だった。

 

ここまでくると素晴らしい、の一言だ。

 

いずれこんなのも出現するのではないかと思っている。

 

 

 

ダイビングをしている女性を見てみると、もちろんカップルや女子同士、またはグループで、という参加が多いけど、実は割と単独で参加している女性も多い。

ダイビング好きすぎて、今日だけは日常を投げ打って来ちゃいました、とか、私、職業は○○(素晴らしい職業)なんですけど時々マーメイドになるんですよね、みたいにダイビングに来た理由は様々で、話をしてみるとそういう女性達は人間的に深みがあって、相当面白い。

 

私は人を観察するのが好きで、ついついカテゴリ分けしたくなってしまう悪いクセがある。
だが、私ごときが一概に語れない程に、スキューバ女子はかなり多種多様で面白い生き物のようだ。

 

これからもどんな人たちとの出会いがあるのか、楽しみである。

 

 

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

にほんブログ村

 

関連記事

  1. いろいろ

    ダンゴウオフィーバーに感じる違和感を、掘り下げてみた。

    (ダンゴウオの写真は頼りの相方ケンジも持っていなかったので、フリー素…

  2. スキューバ女子

    【スキューバ女子】初心者ダメダイバーからの脱却を目指す!

    ダイビングの器材は、女性からしてみるととにかく重い。&nbsp…

  3. スキューバ女子

    【スキューバ女子】こんな手もあった!運命のバディに出会う方法?

    巷では、ダイビング好きと出会える婚活・お見合いパーティー「ダイビング…

  4. スキューバ女子

    【スキューバ女子】ドライスーツって結局どうなの?どこで買えばいいの?

    5月中旬。関東近郊の海でもそろそろドライスーツのシーズンも終わろうと…

  5. いろいろ

    【あの時、流された水着】ボートダイブエントリーがいつまでたっても、上達しない。

     先日の極寒熱海ダイビングで、とある一つの衝撃的な気づきがあった。目…

  6. スキューバ女子

    【スキューバ女子】フィンを侮るなかれ!女子のためのフィン比較

    スキューバダイビングを始めてら1年とちょっとになり、気が付くと手元にあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ダイビングログ

    No more ウミウシからの転換。【東京女子ウミウシ図鑑】
  2. ダイビングログ

    セブ島 またお世話になりたい!ダイビングショップ
  3. いろいろ

    カエルアンコウ愛が止まらない。そんな私に訪れた危機。
  4. いろいろ

    痛みに負けるな。ドMダイバー日記。その1
  5. ダイビングログ

    【沖縄・親子でダイビング】子供に体験ダイビングをさせてみた。その1
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。