スキューバ女子

【スキューバ女子】こんな手もあった!運命のバディに出会う方法?

巷では、ダイビング好きと出会える婚活・お見合いパーティー「ダイビングコン」なるものがあるそう。

一度きりの婚活です!
ダイビング好きの異性と出会える婚活・お見合いパーティー「ダイビングコン」で、【 運命のバディ(恋人) 】を見つけて、恋するダイバーライフを満喫しちゃいましょう♪




【 運命のバディ 】って、人を狂わすような魔性の響きがある。

自分好みの男性に、「俺のバディにならない?・・・海だけじゃなくってね。」的なことを言われたら、女子の8割くらいは射抜かれるはずだ。


ダイバーである以上、パートナーもダイバーでいて欲しい人は多いはず。

自分の恋人、または夫や奥さんと海の中を共有できるかどうかっていうのは、他の相手には変えることができない重要なファクターだ。


 




知っている人で、ダイビングが好きなばかりに、次から次へと自分の彼女をダイバーに変換してしまう男性がいる。

ダイビングの経験のない彼女を、海の世界に連れ込み、ライセンスを取得させてしまうのだ。

最初は泳ぎの苦手だった彼女も、彼のバディとしてダイビングを繰り返していくうちに、どんどん海にハマっていくのだ。



ただそこに、その彼の大きな誤算がある。


ダイバーになった彼女は、ただライセンスを取得しただけでなく、心の強さも自由も、そして新しい価値観も手に入れた。

海の世界を知ってしまった彼女は 、誰の手を借りることもなく大海原を悠々と泳ぐ自由なマーメイドに変身したのだ。



それまでとは違う彼女を、今まで通りのやり方で、彼が自分の手中に転がしておけるハズがない。

一緒にライセンスを取得したのに、自分がダイビングを教えたのに、なんて言い訳は、もはや虚しい独り言にしか聞こえないだろう。


そしてそれからが、本当の男としての器が問われる場面。


結局、彼の元カノ達は、笑顔で手を振りながら、楽しげに人生の大海原へ巣立っていった。







まあキッカケがなんにせよ、スキューバ女子が増えてくれれば業界的にはありがたいだろう。

スキューバ女子が増えれば、相乗効果でおっさんダイバーも増えるかもしれないし。(その逆は見込み薄だから)


最近は、若い女性タレントさん達の番組や(先日の初島で○○○○さん、プライベートでイルカに遭遇されてました)、元AKBの3人組が揃ってインスタでダイビングアカウントを開設したり、となかなか盛り上がっている様子である。



で。


”ダイビング好きな異性と出逢える婚活パーティー「ダイビングコン」では、

「もっとダイビングについて熱く語り合いたい」
「海の写真をもっとみせて欲しい」
「一緒にダイビングに出掛けたら楽しそう」

というように、次のステップへと気持ちが発展しやすいのです♪”



ほうほうほう。なるほど。


「え・・もっと海の写真、見せてもらっていいですか?すごーい !きれーい!」


は、ダイバーの男性への攻め方として、常識かつ鉄板かと思われる。


先走りしすぎず、 熱すぎるウザったいオンナにもならなく、おまけに承認欲求をくすぐる心理のツボまでついている。


他のマリンスポーツと違って、ダイビングは見た目のカッコよさだけでなく、 「誉めどころ」が 色々あるところがいい。



たくさんの【運命のバディ】が、生まれますように、と願いを込めて。

関連記事

  1. いろいろ

    ダンゴウオフィーバーに感じる違和感を、掘り下げてみた。

    (ダンゴウオの写真は頼りの相方ケンジも持っていなかったので、フリー素…

  2. いろいろ

    【ダイビング好きの彼へプレゼント!】誕生日にオリジナルTシャツをデザインしてみた。

    先日は、相方ケンジの誕生日だった。誰もが認める『ダイビング馬鹿…

  3. スキューバ女子

    【スキューバ女子】ダイビング時の髪型はどうすれば?○○○にならないために。

    意外とネットで多く調べられているのが、ダイビングの時に髪型はどうすれ…

  4. スキューバ女子

    【スキューバ女子】カッコイイを目指せ!インスタで見る海外女性ダイバーが凄すぎる。

     何気にインスタをみてみると、いつも思うのだけれど、海外のスキューバ…

  5. いろいろ

    【スキューバ女子】一番のハードルとは、美意識を保つこと。

    私が思うスキューバダイビングの難点とは、女子にとっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ダイビングログ

    風邪で耳抜きができない・・・【ディープ・スペシャルティ】その3 
  2. スキューバ女子

    【スキューバ女子】初心者ダメダイバーからの脱却を目指す!
  3. いろいろ

    「女性の人生こうあるべき」のマインドを、海底に捨ててきた。
  4. 旅ログ

    【仁義なき戦い】ダイビング中毒同士の頂上決戦
  5. ダイビングログ

    【海とぷ祭り・伊豆半島編】部長風インストラクターさんと、接待風ダイビングを楽しん…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。