旅ログ

【女ひとりダイビング・夜行日帰りで伊豆大島】結局私は、一人旅しか縁がないのだろうか。

先日、時々お世話になっているダイビングショップから、1泊2日の伊豆大島ダイビングツアーに参加しませんか?と、お誘いを受けた。


意外と【伊豆大島へダイビング】というのは、沖縄のように全てを投げうってでも行く(?)という覚悟が必要でもなく、かつ伊豆のように地続きでふわ~っと行ける、という場所じゃない。

よく勝手がわからない【 船旅 】 になるので、一人で行くにはハードルが高く、これまで選択肢になかったといえる。

伊豆大島か!
ブレイクスルーが起きた瞬間だった。


自称リゾートダイバー(笑)の私も、伊豆大島はぜひ潜ってみたい場所だ。

一度しか行ったことがなく土地勘もないが、いつものショップさんと落ち合えるなら心強い。



伊豆大島が、私を呼んでいる。


だがそのツアーは平日ど真ん中だったので、会社員の私には1泊2日はちょっと厳しい。
なら日帰りは?と、仕事が終わった後に行くタイムスケジュールを組んでみたら、案外なんとかなった。

ネットの予約だと船の運賃が20%オフになって、お得感もある。

【夜行日帰りスケジュール】

22:00 東京竹芝発・大型客船 船内泊
翌6:00 大島着 ショップ御一行様と合流、2ダイブ
14:35 大島発 ジェット船で東京へ 
16:20 竹芝着


※2021.10の時刻表


【お仕事帰りで☆伊豆大島ダイビング】

いかにもこの私が、好き好んでやりそうな文字列だ(笑)


▷ 東海汽船ホームページはこちら



出発の夕方、仕事先から急いで帰宅してきた。

この大事な日に限って、仕事で1万5千歩も歩き、体はヘロヘロ。
だが、気力だけはみなぎっている。

そういえば、合流するダイビングショップから何の連絡もないなあ・・・


ダイビング前日の18時を過ぎているのに、明日の集合場所すら知らなかった。


こちらから電話をしてみても、電話が通じない。
今日の朝に到着して潜っているから、きっと忙しいのかな・・・

ついに出発予定の1時間前になったが、メールも電話も一向に連絡がつかない。


何かおかしい・・・
さすがに焦り始めてきた。

やり取りは全てメールで行っていたので、焦る気持ちを押さえて、もう一度読み返してみた・・・

うん、なるほど。
連絡がつかない理由がわかった。



そもそも、予約されていなかった。



私からの最後のメールが、『検討して、またご連絡しま~す♪』と、浮かれた文面で終わっている。

私、一瞬たりとも検討なんかしていない。
当初から超絶行く気まんまんで、完全に先走っていた。




船の予約で悦に入り、肝心のダイビングの予約を忘れていた、という痛恨のミス。





アホなんだろうな、私。

明日朝6時に大島についたはいいが、ダイビング先が決まっていない、という状況だけは避けたい。

そんな不安を抱えたまま、船に乗りたくなかった。



そしてそれ以上にありえないことは、有給休暇まで取っていながらダイビングをしないことだ。

何が何でも明日、大島で海に潜ってやる。


伊豆大島のダイビングショップをモーレツ検索し、以前一度だけお世話になったショップの記憶を辿り、泣きついて明日のファンダイビングの予約をこぎつけた。


そして、出発予定時間ギリギリで慌てて家を飛び出した。

ああ、今回もやっぱり一人旅なんだな・・・と思いながら(笑)



(つづく)





【ダイビング女子】海に潜ることは美容の大敵揃いだけれど、それでも私はダイビングをする。前のページ

関連記事

  1. 旅ログ

    【ダイビング旅行時】これで完璧!?忘れもの対策チェックリスト

    とにかく私は日々、何にするにもどこへ行くにも荷物が多い。 仕事で都内…

  2. ダイビングログ

    【伊豆大島へ】日帰りで弾丸ダイビング決行!~その1

    伊豆大島という所は、どうやら都心からは日帰りでダイビングができるらしい…

  3. 旅ログ

    【女ひとりダイビング旅・沖縄】コロナ禍での、こそっとダイビング

    基本小心者な私は、あまり人の心に波風を立てなくないので、昨今ダイビン…

  4. ダイビングログ

    【北海道・積丹ダイビング】積丹は、ブルーでウニ丼な海だった。その2

    (前回の続き) 「たった一日、北海道でダイビングをするだけの旅」の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ダイビングログ

    初めてのドライスーツ その2【ハプニング続きで、残圧0(ゼロ)】 
  2. ダイビングログ

    初めてのドライスーツ その1【足が上がって逆上がりが止まらないんですけどー】 
  3. ダイビング女子

    ダイビングは、オンナがつい惚れてしまう、最高にカッコいい趣味なのだろうか?
  4. 永遠の初心者ダイバー

    ドライスーツは、流氷を攻める日の為にあるのかもしれないから。
  5. ダイビングログ

    館山シャークスクランブルで、サメと戯れるーその2【お魚にも生き様がある】
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。